1. HOME > 二級建築士の問題 構造解説 > 構造計算の鉛直荷重の不適当な記述を選ぶ問題 H28

二級建築士H28 構造計算の鉛直荷重の不適当な記述を選ぶ問題

構造の問題では、構造計算に関する『ルール』も問題に出ます。記述された選択しから正しいもの、又は不適当なものを選択する問題です。

この問題では、最も不適当なものを選ぶ形式になっています。1番から順番に読んでいきましょう。


1番は多雪区域に関する記述です。『長期に生ずる力の計算に用いる積雪荷重は〜』、短期に生ずる力の計算に用いる積雪荷重の0.35倍と書いてあります。


普通の地域では、積雪荷重は短期のみに考慮します。しかし、多雪区域では長期でも考慮します。これは、どの程度考慮しますか? という問題です。


答えを言うと、短期の0.7倍を長期には考慮します。ですから、間違いです。ちなみに、0.35倍は地震力に加える数値です。


今回の問題は、不適当な記述を探すのですから、1番が正解になります。



▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 一級建築士を取得するには?絶対取る!と決めた日から始めること3選。