1. HOME > 計算プログラムから構造力学を学ぶ > 2重ループの例

2重ループの例

つくりたいプログラムが別々の変数で繰り返したい場合、2重ループを使うのが便利です。2重ループは特別な関数というわけではなく、 「do loop文」の中に「do loop文」を入れ子にした状態です。この場合、どのようなループ文となるのか、考えてみましょう。


アルゴリズムの確認

2重ループのアルゴリズムは、こんな感じです。※フローチャートの図形は無視した概念図なので、流れだけを確認してくださいね。

このように、ループ文の中にループ文を入れ子にして計算するアルゴリズムです。このアルゴリズムが応答スペクトルを求めるときに便利なんですよね。




早速、Fortranで書いてみる。

さて、ダウンロードしたエディタ(僕はTerapad)を開いてプログラムを書いてみます。 まだコンパイラしていません。とりあえず、「Terapad」を利用している方は

「名前をつけて保存」→保存形式を「全てのファイル」として→「○○.f90」と保存してください。

そうすると、F90ファイルが生成されます。


!2重ループの計算

program loop

implicit none

integer i,j,k

do i =1,9,1

do j =1,9,1

Write(*,*) ' k =',i*j

end do

end do

stop

end program loop


2do-loop.f90の説明

これは、掛け算を求めるプログラムですね。i,jのループ文をそれぞれ宣言し、「Write(*,*) ' k =',i*j」で書きだしています。 最後は「end do」を2つ付けます。


結果の確認

1-9までの掛け算がそれぞれ書き出されたら成功です。次は→「応答スペクトル」を勉強しましょう。


▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学を勉強する前に > 構造家の出身大学