1. HOME > エクセルの基礎 > エクセルプログラムの使い方

エクセルプログラムの使い方

ダウンロードはこちら↓

プログラムに間違いがあったので修正しました(ver1.1が最新版です。)。

1質点系ステップ荷重の応答波形ver1.1(理論解のプログラム)

1質点系応答解析プログラムver1.1(Newmark'sβ)

ExcelProgramの使い方(例;1質点系応答解析プログラム(Newmark'sβ)Excel2007.ver)

(1)まず、上記に示したファイルをクリックして適当にダウンロードしてください。

対応種はExcel2003,2007です。ファイル開きます、Excel2007の場合、図の

ように赤で囲まれた「表示」の部分をクリックします。


(2)このプログラムの場合、日本語で書かれたマクロをクリックします。すると、ユーザ

ーフォームが現れるので、パラメータにそれぞれ値を入れます。良いなら計算実行ボ

タンを押します。で、解析を行います。また、解析結果はある程度、耐震工学の基礎

が理解できていないとわからないと思いますので、理論を勉強してからプログラムを

利用することをお勧めします。



出力された応答加速度は絶対加速度です。なぜ絶対加速度で出力されるのかは

耐震工学の基礎で勉強してみましょう。



パスワードを入手された方は、マクロの編集画面をクリックします。このような画面が現れます。このままでは、編集画面に行きませんので、 左のVBAproject(stepload.xls)をクリックします。すると、パスワードを入力するようになりますので、指定のパスワードを入力します。


※エクセルパスワードを解除する方法

エクセルの「開発」タブをクリック→VisualBasicをクリック→パスワードを入力。

これで、保護が解除されて自由にソースコードを書きかえることができます。


マクロ保護をかけているので、実行はできますが編集を行うにはパスワードが必要となります。ソースコードが知りたい方はメールで 連絡願います。→コンタクトフォーム


▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学を勉強する前に > 構造家の出身大学