1. HOME > 建築構造に関する一般向け情報 > ツーバイフォーってどんな工法?耐震性は?

ツーバイフォーってどんな工法?耐震性は?

ツーバイフォーという言葉を聞いたことがありますか?これから家を建てようという人にとっては何度も聞いた言葉だと思います。色んな住宅メーカーがツーバイフォー工法を採用しているので、馴染み深いですよね。一方で、意味をなんとなく知っているけど耐震性はどうなんだろう?と不安があると思います。


そこで今回は、ツーバイフォー工法の特徴と耐震性、日本の在来軸組工法との違いについて特集します。



スポンサーリンク


・ツーバイフォー工法の特徴

ツーバイフォー工法は、なぜ『ツーバイフォー』というのかと思いませんか?実は、意味はそのまま2×4インチの部材を多く使っているから。ただそれだけです。ツーバイフォー工法の本質は、部材断面を規格化したことにあります。


ほとんどの部材を2×4インチにすれば、部材同士の接合部も1つ設計して、あとは同じですよね?ツーバイフォー工法はアメリカが発祥ですが、元々は誰でも簡単に木造住宅を造れるにしよう!というフロンティアスピリッツから生まれたものです。DIY好きのアメリカ人らしい考え方ですね。


自分たちで簡単に造れる住宅にするには、難しい納まりやあちこち接合部の大きさが変わっては仕事がやりにくい。ということで、部材断面の大きさ統一かしたツーバイフォー工法が登場したのです。


次に大きな特徴ですが、ツーバイフォー工法は耐力壁構造であることです。ツーバイフォー工法は梁と壁を床を一体化します。つまり地震力は壁で負担させる構造です。RCという構造材料でいう壁式構造ですよね。耐震性に優れていることも大きな特徴です。


ツーバイフォー工法の耐震性について

特徴は壁式構造であることを説明しました。建物全般にいえることですが、壁が多く入った建物は強いです。大きな地震がきても耐えることができるでしょう。壁が多く入った方が地震時の変形が小さくなるメリットがあります。例えば、柱と梁で構成されたラーメン構造の層間変形角が1/200だとしたら、壁式構造は1/1000くらい違ってきます。


以上のようにツーバイフォー工法の耐震性はとても高いと言えますね。


ツーバイフォー工法と在来軸組工法との違い

日本には古くから伝統的な在来軸組工法があります。在来軸組工法は柱と梁で構成される、いわゆるラーメン構造です。構造的に言えば、地震時の変形が大きくツーバイフォーよりも耐震性は低いと言えるでしょう。しかし、意匠的な観点から言えば、壁が無い分、空間が広く使えるメリットがあります。

家に住む人にとっては空間が広いほうがいいですよね。耐震性が低いといっても、ツーバイフォーと同等の耐震性を持たせることは可能です。しかし、柱や梁断面を必要以上に大きくしなければいけませんね。


まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はツーバイフォー工法の特徴、耐震性、在来軸組工法との違いについて特集しました。ツーバイフォー工法には耐震性が高いメリットが有る一方で空間が広くとれません。逆に在来軸組工法は柱と梁で構成されているので、広い空間にすることができます。耐震性と内部空間、コストのバランスを考えて住宅を建てたいですね。


▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 配管とダクトの比重