1. HOME > 有限要素法の基礎 > 有限要素法の解析手順

有限要素法の解析手順

有限要素解析を行うとき解析手順を理解しておくと正しいモデル化が行えます。(それだけではないですが・・・) 基本的なことではありますが、以下のようなことに留意して解析を行うと良いでしょう。

・構造物のモデル化
主に図面等から解析対象とする構造物、及び試験体のモデル化を行います。 汎用ソフトでは様々な要素を扱っていますが、一般的にアイソパラメトリック要素 が良く用いられます。さらに、計算を短く済ませるために、注目すべき箇所以外は 省略して解析が良く行われます。

・拘束条件のモデル化
ピン支持、ローラー支持か等を見極める必要があり、実際の対象物と近い拘束条件とする ことが重要です。基本的に汎用ソフトではx,y,z方向で拘束条件を指定できます。

・荷重条件のモデル化
荷重条件は対象物に作用する力の大きさや方向を箇所を把握しモデル化する必要があります。


・まとめ その他にも解析上、重要なことは多く考えられますが、いずれにせよ、実際の対象物に近くなるような モデル化を行うことが重要です。拘束条件が一つ違うだけで異なった解も現れます。そのため、解析では その答えが正しいかどうか判断する能力が必須となります。理論をしっかりと勉強し、現象をとらえる能力が あってこそ汎用ソフトを使えるのです。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 有限要素法の基礎 > 有限要素法の解析手順