建築学生が学ぶ『構造力学』

プロフィール 初めての方へ 構造力学WEB問題集
  1. HOME > 構造力学の基礎 > SD295Aの規格が丸わかり!SD295Aの規格、機械的性質、化学成分

SD295Aの規格が丸わかり!SD295Aの規格、機械的性質、化学成分

スポンサーリンク


SD295Aは鉄筋コンクリート用棒鋼(異形鉄筋、単に鉄筋ともいう)に用いられる材質の1つです。今回は、SD295Aの規格や機械的性質などについて説明します。

SD295Aのサイズ、機械的性質、化学成分

SD295Aのサイズと断面性能は下図表の通りです。

鉄筋のサイズに関しては、SD295Aに限定されることはありません。しかし、一般的にはD10~D16までがSD295Aを使います。D19以上は、SD345です。D29以上からSD390となります。


機械的性質

SD295Aの機械的性質は下記です。

スポンサーリンク
 

化学成分

SD295Aの化学成分は下図表の通りです。

SD295AはSD345以上の材質に比べて、化学成分の規定が少ない材質です。前述した機械的性質をみても、降伏点の上限が無いこと等、やや劣る材質です。


SD295Aの特徴と、使用箇所

SD295AはD10~D16までの鉄筋径に使用されます。よって、スラブ筋や柱や梁のせん断補強筋として用いられます。太い鉄筋径には採用されないため、柱や梁の主筋として使われない傾向にあります。


まとめ

今回は、SD295Aの規格や化学成分、機械的性質などについて説明しました。鉄筋に関しては、下記の記事も参考にしてください。

▼こちらも人気の記事です▼

▼限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

▼今だけのお得な用語集発売!▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

Topへ >>