建築学生が学ぶ『構造力学』

プロフィール 初めての方へ 構造力学WEB問題集
  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 鉄筋のピッチってなに?ピッチの意味と、各部材の鉄筋ピッチ

鉄筋のピッチってなに?ピッチの意味と、各部材の鉄筋ピッチ

スポンサーリンク


住宅を購入し、今まさに工事中の方や建築を勉強中の方、「ピッチ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。建築業界では、ごく当たり前に使う言葉です。ではピッチとは何でしょうか。今回は、鉄筋のピッチについて説明します。


鉄筋のピッチと似た用語に、鉄筋の「あき」があります。詳細は下記が参考になります。

鉄筋のあきとは?1分でわかる意味、最小値、粗骨材との関係

鉄筋のピッチってなに?

鉄筋コンクリート造で配筋するとき、ある均等間隔で鉄筋を割り付けます。この割り付け間隔を「ピッチ」と言います。ピッチは記号で「△△@〇○(△△には鉄筋径、〇○には数字がくる)」と表現します。


例えば土間コンクリートの配筋では、下図のように表現があるかもしれません。

このとき、@200の部分が鉄筋のピッチを表しています。建築業界では、特に断らない場合、「mm」の単位が基本ですから、D10を200mmの間隔で配筋する、と言う意味です。また、ピッチは「鉄筋の芯々の距離」を表しています。

鉄筋のピッチは基本的に計算で決めますが、これまでの設計実務の慣習により、あまり変なピッチは使わないようにしています。例えば、

といった具合です。というのも、建設現場は未だに人が体を動かして工事をしています。よって細かい数値は好まれません。鉄筋の配筋も、精密機械を使ってやるわけではなく、人間の目で「100ピッチ、200ピッチ」と決めていきます。そのような場で、数ミリ単位のピッチはあり得ないのです。

スポンサーリンク

各部材の鉄筋のピッチ

それでは各部材の鉄筋のピッチを紹介します。

柱のフープ

柱のフープは、基本的に

が一般的です。特に非住宅の建物では、この鉄筋径、ピッチより細かくなることはあっても、少なくなることはありません。フープ(帯筋)の特徴は、下記が参考になります。

帯筋とは?1分でわかる帯筋の意味、読み方、役割、間隔、帯筋比との関係

梁のスタラップ

梁のスタラップは、

が一般的です。スタラップは、梁幅に対して0.2%以上の鉄筋量を配筋する必要があります。梁幅が350以下ならD10@200が基本です。梁幅が400以上ならD13@200が基本です。


もちろん構造計算によって決めた場合は、上記の限りではありません。スタラップ(あばら筋)の意味は下記が参考になります。

あばら筋とは?1分でわかる役割、間隔、表記方法、あばら筋比の計算

スラブ

スラブの配筋では

のような配筋が一般的です。必要に応じて@100や@150もあり得ます。

壁筋もスラブと似たような配筋が多いです。但し、壁厚に応じてシングルクロスか、ダブルクロスかが、変わってきます。例えば

といった具合です。

 

基礎のフーチング

基礎のフーチング部分に鉄筋を配筋する場合、私は2つのルールを設けて配筋することが多いです。1つは、なるべく200ピッチで配筋すること。2つめは、鉄筋本数は奇数本になるよう配筋すること。


またピッチは最低でも150ピッチより細かくしないように気を付けています。これ以上細かくなると、施工がやりづらそうだからです。


鉄筋のピッチは、構造計算によって決定するのですが、計算によって偶数本になる場合は、1本増やしてでも奇数本にします。これも配筋のしやすさをイメージしています。というのも、奇数本にすれば、必ず両端と真ん中に鉄筋は配置されます。残った鉄筋を概ね200ピッチで割り付けすれば、施工ミスも少ないハズです。

フーチングの意味は下記が参考になります。

フーチングってなに?フーチングの意味と目的、地耐力との関係

まとめ

今回は、鉄筋のピッチについて説明しました。建築業界に勤める人以外は、中々ピッチの意味が分からなかったと思います。この記事を機に、理解して頂けたら幸いです。

▼こちらも人気の記事です▼

▼限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

▼今だけのお得な用語集発売!▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

Topへ >>