建築学生が学ぶ『構造力学』

PDF教材 建築構造がわかる用語集 限定メルマガ
  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 中子筋とは?1分でわかる意味、読み方、副帯筋との違い、柱、梁

中子筋とは?1分でわかる意味、読み方、副帯筋との違い、柱、梁

7/1最新版入荷!一級建築士対策も◎!290名以上の方に大好評の用語集はこちら⇒ 全92頁!収録用語1100以上!建築構造がわかる専門用語集

スポンサーリンク


中子筋とは、外側のせん断補強筋の中に設けたせん断補強筋です。せん断力が大きい部材は、中子筋で対応します。今回は中子筋の意味、読み方、副帯筋との違い、柱と梁の中子筋について説明します。帯筋、あばら筋の意味は、下記の記事が参考になります。

帯筋とは?1分でわかる帯筋の意味、読み方、役割、間隔、帯筋比との関係

あばら筋とは?1分でわかる役割、間隔、表記方法、あばら筋比の計算

無料サンプルあり!二級建築士【構造】の計算が分かるお得な解説集はこちら⇒ 過去問徹底分析!全117頁!図50以上!計算の流れ、解き方がわかる!2級建築士【構造】計算問題解説集

中子筋とは?

中子筋とは、外側のせん断補強筋の中にあるせん断補強筋です。下図をみてください。これが中子筋です。

中子筋

せん断力が大きい場合、外側のせん断補強筋だけでは、せん断耐力が足りません。よって、中子筋を入れて耐力を高めます。中子筋は、梁のあばら筋、柱の帯筋のどちらとも使います。あばら筋、帯筋の意味は、下記の記事が参考になります。

帯筋とは?1分でわかる帯筋の意味、読み方、役割、間隔、帯筋比との関係

あばら筋とは?1分でわかる役割、間隔、表記方法、あばら筋比の計算


例えば、


・スパンの短い梁、柱

・剛性が高いため、力が集まる梁、柱


などは中子筋が必要なことが多いです。また、高層建物は、下階にいくほど地震力が集まり、作用するせん断力が大きくなります。


中子筋を入れることや、高強度せん断補強筋などを用います。※高強度せん断補強筋は、下記の記事が参考になります。

高強度せん断補強筋ってなに?1分でわかる特徴と強度


また、中子筋は、主筋と向かいの主筋に引っ掛けるので、鉄筋の並びが大切です。例えば、梁に中子筋を設けるなら、必ず3本並び以上の鉄筋が必要です。中子筋が2本必要ならば、梁の主筋は4本並び以上、最低必要です。

中子筋と主筋の並び

スポンサーリンク

中子筋の役割

中子筋の役割は下記です。


普通、柱と梁は、下図のように外側のせん断補強筋のみです。

一般のせん断補強筋

それでも、せん断耐力が足りない場合は、せん断耐力を高めるため中子筋を入れます。中子筋もせん断補強筋なので、鉄筋量を増やした分、せん断耐力は高くなります。せん断力が高く、外側のせん断補強筋で足りない場合、中子筋を入れましょうね。

中子筋の読み方

中子筋は、「なかごきん」と読みます。

中子筋と副帯筋の違い

中子筋と副帯筋の違いを下記に整理しました。


中子筋 ⇒ 外側にある、せん断補強筋の中に設けたせん断補強筋のこと。

副帯筋 ⇒ 中子筋の1つ。帯筋の中子筋のこと。


中子筋は、副帯筋や副あばら筋ともいいます。実務では、中子筋ということが多いですが、書籍では副帯筋、副あばら筋とも書きます。「中子筋」を覚えておけば通用します。

柱と梁の中子筋

梁の中子筋を下図に示します。

梁の中子筋

梁の上端筋と下端筋にかけて、あばら筋をかけます。


柱の中子筋を下図に示します。

柱 中子筋

柱の鉄筋は方向性があります。中子筋も同様に、X・Y方向の両方に中子筋をかけられます。逆に、X(Y)方向のみ中子筋を配置できます。

まとめ

今回は中子筋について説明しました。意味が理解頂けたと思います。中子筋は、外側のせん断補強筋の中に設けたせん断補強筋です。せん断耐力を高めることができるので、せん断力が沢山生じる部材に配置します。

【無料メルマガ】あなたは1級建築士の構造が苦手ですか?⇒ 建築学生が学ぶ構造力学の限定メールマガジン

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼こちらも人気の記事です▼

▼AmazonのPrime Studentがお得過ぎで登録しなきゃ損!▼

6ヶ月無料で動画、本、曲が使い放題!⇒ 建築学生ならPrime Studentに登録必須!

▼同じカテゴリの記事一覧▼

Topへ >>