1. HOME > 建築構造に関する一般向け情報 > 屋根の耐震性は?1分でわかる耐震性、屋根の重量、種類、カバー工法

屋根の耐震性は?1分でわかる耐震性、屋根の重量、種類、カバー工法

屋根が地震で落ちたらどうしよう、とか屋根の耐震性ってどうなんだろう、と気になりませんか。今回は屋根の耐震性、屋根の重量、種類との関係、カバー工法について説明します。


※屋根は、建築物に欠かせない要素です。屋根が無いと雨で部屋が濡れますし、風が吹けば部屋がめちゃくちゃになります。夏なら、太陽の直射日光を遮るものがないので、部屋の温度は上昇し続けるでしょう。当然、地震で壊れないよう耐震性も求められます。

屋根の耐震性は?

屋根の耐震性は、

で決まります。では、軽い屋根、重い屋根が地震で建物が揺れたとき、どちらの屋根が「崩れにくい」でしょうか。


当然、「軽い屋根」です。これは感覚的にわかると思います。地震力は、建物の重量に比例します。よって、屋根に重い材料を使うほど、地震力が大きくなるのです。※地震力は下記が参考になります。

地震力の算定方法と、簡単にわかるZ、Rt、Ai、Coの意味


一方で、軽い屋根は「台風(風圧力)」に弱い欠点があります。※キャンプでテントを使いますよね。テントは風であおられやすいですが、地震が起きても揺れません。


よって、屋根は耐震性だけでなく、耐風性に優れた材料を使います。また、耐震性は「重量」だけでなく、屋根材の留め方、施工方法(精度)など、様々な要因が関係します。

屋根の重量と種類、耐震性の関係

屋根の耐震性は、屋根の重量に関係します。屋根の種類と重量を下記に整理しました。


前述したように、地震力は屋根の重量に比例します。屋根を軽くすれば地震力が小さくなるので、耐震上有利です。


実際に耐震改修として、屋根を軽い材料に葺き替える工事も行われています。

カバー工法と耐震性

カバー工法とは、元々の屋根材に新しい屋根を張り付ける工法です。元の屋根を「カバー」する、という意味です。


実は、カバー工法は耐震上、好ましくありません。元の屋根重量に対して、カバーした屋根分の重量が増えているからです。

まとめ

今回は、屋根の耐震性、屋根の種類と重量、耐震性の関係などについて説明しました。耐震性に優れた屋根が理解頂けたと思います。ただし、重い屋根だからといって、建物全体の耐震性が劣る、という意味ではありません。軽い屋根でも、柱や梁の構造、屋根の留め方が悪いと耐震性が下がるからです。


また、屋根の耐震性はもちろん、意匠的なデザインや漏水性の問題もあります。総合的に判断して屋根を決めたいですね。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 屋根の耐震性は?1分でわかる耐震性、屋根の重量、種類、カバー工法