1. HOME > 二級建築士の問題 構造解説 > 座屈荷重の大きさを求める問題 H26年

二級建築士H26年 座屈荷重の大きさを求める問題

座屈に関する問題は毎年出題されますが、傾向として座屈長さを求め正しい大小の関係を導く問題、今回のように座屈荷重の大小を導く問題の2通りあります。


スポンサーリンク



座屈荷重は座屈長さ、弾性係数、弱軸回りの断面二次モーメントが関係します。今回、座屈長さと材質は一定と書かれているので、部材の弱軸回りの断面二次モーメントを比較すれば良いのです。


Cが何となく一番大きそうですが、気をつけたいのは弱軸回りのIを求めること。つまりAとCは長方形ですから、弱い方向があります。


よって

Bが一番大きそうです。なぜなら、Bの柱断面は12cmに対してAとCは8、9cm程度。Iは、『せい』が3乗の効果で効いてくるので、明らかにBが大きいことがわかります。


一方AとCは微妙なところです。Aを基準にして考えると、

というAとCの、せいと幅の比率を算定して1以下となれば、Cが大きいということです。

と明らかにCが大きいことが分かりました。よって、座屈荷重の大小はB>C>Aが正解。


3番が答えです。



▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 一級建築士を取得するには?絶対取る!と決めた日から始めること3選。