建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 二級建築士の問題 構造解説 > リップ溝型鋼の断面二次モーメントの算定 H28年

二級建築士H28 リップ溝型鋼の断面二次モーメントの算定

7/1最新版入荷!一級建築士対策も◎!290名以上の方に大好評の用語集はこちら⇒ 全92頁!収録用語1100以上!建築構造がわかる専門用語集


昨年の二級建築士でこんな構造の問題が出題されています。


『図のような断面におけるX軸に関する断面二次モーメントの値として正しいものは、次の内どれか』


スポンサーリンク



パッと見、2,3,4が怪しそうです。ただ、計算してみるまで答えは分かりません。先入観を持たず、計算に進みましょう。


まず、この形状はリップ溝型鋼と呼ばれる断面です。このような中空になっている断面は長方形の求め方を応用して求めます。


まず、長方形としての断面二次モーメントを下記のように算定します。

すると1つ分かったことがありました。中身が詰まった長方形断面でも3072しかないのです。つまり、5番は消去できます。


次に中空になる部分のIを求めましょう。ざっくりと、6x12cmの大きさで算定します。

よって、中空断面のIは

に近い値です。


『近い値』というのは、ざっくりと6x12の長方形を控除しましたが、本当は向かって右側には、断面がありません。


しかし、今の値でもわかったことがありました。いま算定したIは、もう少し小さい値にはなるけど、大きくはなりません。


つまり、選択肢の4は消えます。また、3の回答は、リップ部分を考慮できていません。1は、今の値より半分以下になりますが、1000cm4以上小さくなるほど、小さくなり得ません。


よって、I=2208より少しだけ小さい2(=2144)が正解となります。


以上のように、リップ溝型鋼の形でIを求めなくても、ざっくりとIの値を算定することで、選択肢から外し、答えを導くことができます。


【新発売】図解で効率的にお得に1級建築士対策しませんか?⇒ 全470語を図解で解説!建築構造がわかる基礎「図解集」




▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

この用語、図でイメージできる?

建築構造がわかる基礎図解集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

公式LINEで構造の悩み解説しませんか?

1級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を発信中。構造に関する質問回答もしています。

友だち追加

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

あなたがなぜ、1級建築士【構造】の計算問題が苦手か知っていますか?

1級建築士の構造
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 二級建築士の問題 構造解説 > リップ溝型鋼の断面二次モーメントの算定 H28年
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事