1. HOME > 二級建築士の問題 構造解説 > 先端片持ち梁の曲げ応力求める問題 H26年

二級建築士H26年 先端片持ち梁の曲げ応力求める問題

一見単純梁に見えるのですが、先端部が片持ち梁になっており、しかも集中荷重が作用しています。このときの、A点における曲げ応力を求める問題です。


スポンサーリンク



応力を求めたいのですから、まずは反力を計算します。左側支点を起点にして応力を求めようとすると、分布荷重の計算が面倒です。よって右側支点の反力を求めます。


曲げモーメントのつり合い式は下記のように、

です。これを解いて、

となります。


よって、A点の応力は

以上より、2番が正解です。




▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 一級建築士を取得するには?絶対取る!と決めた日から始めること3選。