1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 【感想】建物が壊れる理由

一級建築士を取得するには?絶対取る!と決めた日から始めること3選。

一級建築士が中々取得できない、なんて嘆いている人は多いと思います。とれない理由は人それぞれですが、勉強する時間が無いなど、仕事やりながらは難しいという理由が多いでしょうか。それは、勉強に対するモチベーションが低下していることが原因かも。そもそも、心の中では本当に合格したいと思っていないのかもしれません。


今回は、絶対取る!と決めた日からモチベーションの保ち方など、一級建築士を取得したい人へ自己啓発的なお話をご紹介します。



1.目標は短く設定すること!

多くの人が一級建築士の問題集を読んで愕然とするのは、その量。あまりにも、膨大でどこから手をつけていいのやら分かりません。これでは、初めにあったモチベーションも時間とともに低下してしまいます。


これは、全ての問題集を同じタイミングで終了させようと考えているからで、できるだけ細かくゴールを設定する方がおすすめです。例えば、構造なら構造に集中して勉強する期間を設けます。当面は構造の本しか読みません。終わったら次に進めることにします。


一級建築士の問題は、構造と計画の内容が密接に関係しているわけでは無いです。つまり、別々に勉強を進めても問題ありません。

スポンサーリンク
 

2.学校に通おう。

根本的なことですが、資格学校には行きましょう。その理由として、先行投資することで自分を追い込むことができます。100万円かけて気持ちを高ぶらせる方法です。最近では、資格学校も増えてきてリーズナブルな学校もあります。例えば、資格の学校TAC<建築士>各種コース開講なんて大手2社と同じ実績で費用は30万程度で学科が全て網羅できます。



あとは、学校に通うことでお互いに切磋琢磨できるライバルができます。一人で勉強するより2人、3人で勉強できる方が効率が良いです。知らないことを教えあうことができますし。というわけで、資格学校に通うことはマストです。



3.誘惑の元は全て捨てよう

仕事が終わって家に帰れば甘い誘惑は沢山あります。テレビやパソコン、ゲーム。学生時代よりも娯楽は増えていませんか?せっかく毎日働いているんだから、息抜きはもちろんOK!でも一級建築士の取得は、そんなに甘くないんです。これらの誘惑を全て断捨離する気持ちにならないと合格なんてできません。



まとめ

いかがでしたか?今回は、一級建築士を取る!と決めた日から始めることを紹介しました。一番重要なのは、やっぱり2かなあと思います。資格学校へ行けば、勉強する環境はできますし、そこへ行きさえすれば自然と学習意欲も湧いてきます。あとは、どんな資格学校へ行くかですね。大手2社さんはもちろん安心です。


他には、建築士以外の資格を扱っている資格学校も会社が大きいのでサポート体制も安心ですよ。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 一級建築士を取得するには?絶対取る!と決めた日から始めること3選。