1. HOME > 計算プログラムから構造力学を学ぶ > read文の使い方

read文の使い方

read文を使いたときは、例えば、ある変数に対して任意の値を代入したい場合などです。プログラム上に値を書き込むとその値でしか、計算されません。 よって、read文を使って値を入力させるようにしておけば、パラメトリックに計算ができるので、便利ですよね。


read文の関数

read文は値を読み込むことも可能ですし、テキストファイルを読み込むことも可能です。例えば、

・print *, "強度(N/mm^2)を入力してください"

・read *, p

などの使い方をすることで、「p」という値をキーボードから入力することができます。一方、

・open(1, file='step-load.txt',status='old')

・read(1,*) gg(i)

のように、テキストファイルを読み込むことが可能です。これは、「open(1, file='step-load.txt',status='old')」の「1」と「read(1,*)」の「1」を対応 させることで、ファイルを読み込んでいます。




早速、Fortranで書いてみる。

さて、ダウンロードしたエディタ(僕はTerapad)を開いてプログラムを書いてみます。 まだコンパイラしていません。とりあえず、「Terapad」を利用している方は

「名前をつけて保存」→保存形式を「全てのファイル」として→「○○.f90」と保存してください。そうすると、F90ファイルが生成されます。


!比強度を計算するプログラム

program sisoku

implicit none

real h,p,m,i,j

print *, "強度(N/mm^2)を入力してください"

read *, p

print *, "比重()を入力してください"

read *, m


hikyoudo.f90の説明

このプログラムは「比強度を求める」プログラムの途中文ですので、これをコピペして使ってもエラーがでるだけです。read文のポイントは 「read *, p」という一文だけです。また、この文だけだと、何をキーボードから入力していいのかわからないので、普通はその前にprint文を 使って文章を表示させます。


▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学を勉強する前に > 構造家の出身大学