1. HOME > 二級建築士の問題 構造解説 > 複数荷重が作用する梁の応力度を求める問題 H28年

二級建築士H28 複数荷重が作用する梁の応力度を求める問題

荷重が複数作用している梁の検討です。これは、反力をきちんと求めて外力・反力から曲げを算定します。

等分布荷重は4mの範囲に作用していますから全荷重は、

です。この作用点は、左支点から2m位置です。外力がスパンに対して均等で無い場合の反力は次のように算定できます。


スポンサーリンク



右側支点の反力は、

です。


一方、集中荷重は右側支点から2mの位置に作用しているので、右側支点の反力は、

合計すると、

です。A点の曲げを右側支点から考えると、

せん断力は、

です。


よって、答えは4が正解です。



▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 一級建築士を取得するには?絶対取る!と決めた日から始めること3選。