1. HOME > 二級建築士の問題 構造解説 > 壁式RC造の壁量を求める問題 H28年

二級建築士H28 壁式RC造の壁量を求める問題

壁式RC造の壁量を求める問題です。壁量なんて求めたことない、なんて思わずに頑張ってみましょう。


この問題は、壁量の計算方法と、壁量に含めることができる壁長さのルールを知ることがポイントです。


スポンサーリンク



まず、壁式構造の壁量とは、1u当たり必要な壁長さがあるか、という計算を行います。つまり壁量は壁の長さのことです。計算式は

となります。


上式で壁量を算定できるのですが、注意したいのは、壁量に含めることができる壁長さのルール。


『壁長さが45cm未満は壁量に含めない』


というもの。


改めて問題をみると、南側に1カ所40cmの壁があります。これは壁量に含めることができないのです。よって、壁量は

です。


よって、答えは4番が正解です。




▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 一級建築士を取得するには?絶対取る!と決めた日から始めること3選。