1. HOME > 二級建築士の問題 構造解説 > 単純梁の応力度を求める問題 H28年

二級建築士H28 単純梁の応力度を求める問題

この問題はNとM、Zの算定が正しくできるか? 問われています。まずNは軸力のことです。軸力とは部材の軸方向に作用する応力のことです。今、荷重条件をみると部材に対して軸方向に作用する力は、36kN。


つまり、

です。次にMを算定します。問題では、A点の断面下端の応力度と書いてあります。A点とはスパンの中央です。つまり中央曲げを求めればいいのですから、


スポンサーリンク



kNm

です。


あとは、断面性能を算定できれば答えが分かります。Aとは断面積のことです。

次に断面係数Zですが公式を使えば、

です。あとは、問題文に書いてある応力度の算定式に代入していきます。一点注意したいのは、応力度を求める式の『±』部分。この問題では『断面下端』と書いてあるので、引張側の応力を算定します。


構造力学では圧縮を−、引張を+と考えますから、この式を・・・

以下のように、

します。値を代入すると、

以上より、答えは2です。



▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 一級建築士を取得するには?絶対取る!と決めた日から始めること3選。