1. HOME > 二級建築士の問題 構造解説 > 座屈耐力の大小を見つける問題 H28年

二級建築士H28 座屈耐力の大小を見つける問題

No.6から応力や反力を求める問題から解放されました。今までとはタイプの違う問題ですから、気を引き締めて取り組みましょう。

座屈荷重の大小関係として正しいものを選ぶ問題です。座屈荷重とは、座屈耐力と言い換えると理解が早いと思います。座屈に関する耐力が大きいものから順に並び替えれば良いのです。


スポンサーリンク



この問題は直観的に解くのは、やや難しいかもしれません。普通なら柱の長さが長い方が、座屈(つまり圧縮力)に弱い気がします。しかし、良く見ると境界条件が、A,B,Cで異なっています。


これらの違いを、どう評価すれば良いでしょうか。


さて、座屈耐力は部材の剛性と、座屈長さが関係していました。座屈長さは、部材長さLをそのまま適用できるわけでもなく、部材長さに換算係数を掛けた値となります。

もう一度、問題を眺めてみるとA,B,Cの柱は、剛性は同じようです。違うのは境界条件だけ。つまり、座屈長さの小さい順に座屈耐力が大きくなるのです。


Aは両端固定と書いてあります。両端固定の場合、座屈長さ=部材長さ×0.5倍です。よって、

Bは両端ピンです。両端ピンのとき、座屈長さ=部材長さ×1.0倍なので、そのままLです。

Cは、片持ち柱です。片持ちのとき、座屈長さ=部材長さ×2.0倍なので、

となります。


座屈長さが短い方が座屈耐力としては大きくなりますから、


C>A=B


が答え。5番が正解です。



▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 一級建築士を取得するには?絶対取る!と決めた日から始めること3選。