1. HOME > 二級建築士の問題 構造解説 > ラーメン構造に鉛直、水平力が作用する問題 H27年

二級建築士H27 ラーメン構造に鉛直、水平力が作用する問題

ラーメン構造に2つの荷重が作用し、その応力を求める問題です。2つの荷重が作用しているから、複雑だと感じるかもしれません。


しかし、荷重を別々に考えれば、いつも通り解くことができます。


スポンサーリンク



まず鉛直荷重による反力を求めます。4kNが中央に作用しているので、これは明らかに

です。

次に水平力による反力を求めます。右側に2kNの力が作用していますが、この反力は、下記のように算定できます。

注意する点は、水平力はラーメンを倒そうとする力(回転させる力)ですから、上図の場合、B点には押し込み側の力が、A点は浮き上がろうとする力が作用します。ゆえに、

です。

さて、鉛直時と水平時の反力を組み合わせると、

となります。この段階で、答えは1か2に絞られました。

次はC点における曲げモーメントを求めます。これも、2つの荷重別に分けて考えて、後で足し合わせる方法が考えやすいです。

まず鉛直荷重による曲げは、中央(C点)で最大になるので、

です。

次に、水平力によるC点の曲げを求めます。B点はローラー支持です。つまり水平反力は発生しませんから、B点の柱には曲げモーメントがありません。

A点の柱には反力による曲げが柱頭部で最大となり、これと釣り合うように梁の左端に曲げが作用します。

この曲げは、

です。

C点はスパンの半分に位置していますから、曲げモーメントも長さの比率より半分になるので、

です。

符号を考えませんでしたが、鉛直時の曲げモーメントと水平時の曲げモーメントは、互いに同じ向きに発生しています。よって、

となります。

答えは2番です。



▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 一級建築士を取得するには?絶対取る!と決めた日から始めること3選。