1. HOME > 二級建築士の問題 構造解説 > I型の断面二次モーメントの算定 H27年

二級建築士H27 I型の断面二次モーメントの算定

この問題は、わざわざI型の断面二次モーメントを求める必要はありません。もちろん求めても良いのですが、意味がないことに気づきます。


それは、断面Aと断面Bは『真ん中付近に穴が開いている以外、全く同じであること』です。つまり、断面Aと断面Bの差とは、穴が開いている部分のIを求めればよいのです。


さて、孔が開いている部分のIを算定したいのですが、中途半端に残っている部分は、とりあえず無視します。ゆえに、孔部分のIは、


スポンサーリンク



です。これが、断面AとBのIを差し引いた値となります。この時、4番はあり得ないことが分かります。なぜなら、孔が開いている大きさは20x60なのに、20x90で仮定した値だからです。


つまり、今算定した値よりも必ず小さくなります。この観点で選択肢を見ていけば、5も無しです。1は、小さくなり過ぎていますから、無し。2、3を比較すると、両者は半分近く違っています。構造設計をしていると、3が明らかだと何となくわかるのですが、一応計算します。


実際のIは、

です。


よって、3番が正解です。



▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 一級建築士を取得するには?絶対取る!と決めた日から始めること3選。