1. HOME > 二級建築士の問題 構造解説 > トラスに鉛直力が作用する問題 H27年

二級建築士H27 トラスに鉛直力が作用する問題

下図のトラスに鉛直力Pが作用したとき、各軸力が圧縮か引張か判断する問題です。ポイントは、軸力の正確な値を求める必要はない、ということ。


ですから、力の向きを実際に描いてみて、問題を解きましょう。


スポンサーリンク



この手の問題は、簡単に解くポイントがいくつかあります。


まず1つ目。節点法で力の釣り合いを考えること。B部材に着目します。部材が斜めになっていて、ややこしいですが、B部材に直交して2つの部材が、節点に対して反対向きに取り付いています。


この節点には外力も作用しておらず、B部材の方向には力が作用しようがありません。よって、B部材の軸力=0です。


次に、A部材の節点をみると、外力Pが作用しています。A部材以外の部材をみると、この2つは左右対称に取り付いています。よって、軸力は打ち消し合います。A部材はPと釣り合う必要があるので、圧縮力が作用しています。


AとBの答えがわかれば、Cは分からなくても問題は解けます。上記に合致した回答は3ですね。



▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 一級建築士を取得するには?絶対取る!と決めた日から始めること3選。