1. HOME > 二級建築士の問題 構造解説 > 柱のフープに関する問題 H27年

二級建築士H27 柱のフープに関する問題

RC柱にはせん断力に抵抗するために、フープを巻きます。この問題は、柱のせん断補強筋比を求める問題です。


問題文に、地震力は図に示す方向とすると書いてあるのは、「この方向についての補強筋比を求めよ」と言っているのです。


スポンサーリンク



地震力の方向をみると、右側に作用しています。この時、抵抗するせん断補強筋は上下の2か所しかありません。地震力の方向をX方向とするなら、X方向に並んでいる補強筋を数えればよいのです。


補強筋比は、1組の補強筋断面積を柱幅と補強筋ピッチで除した値です。つまり、1が正解です。



▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 一級建築士を取得するには?絶対取る!と決めた日から始めること3選。