1. HOME > 簡単プログラム集 > 片持ち梁たわみプログラム

片持ち梁たわみプログラム

部材や建物の変形能力又は、外力に対してどの程度変形するのか?という事項は構造設計にとって大変重要な項目です。


片持ち梁-先端荷重


荷重P:(N)

梁の長さL:(mm)

求めるたわみ位置x:(mm)

部材のヤング係数E:(N/mm2)

断面二次モーメントI:(mm4)

反力R:(N)

せん断力Q:(N)

曲げモーメントM:(N・mm)

たわみ角θ:()

たわみδ:(mm)


片持ち梁-等分布荷重


荷重W:(N/mm)

梁の長さL:(mm)

求めるたわみ位置x:(mm)

部材のヤング係数E:(N/mm2)

断面二次モーメントI:(mm4)

反力R:(N)

せん断力Q:(N)

曲げモーメントM:(N・mm)

たわみ角θ:()

たわみδ:(mm)


片持ち梁-等分布偏載荷重


荷重W:(N/mm)

梁の長さa:(mm)

梁の長さb:(mm)

求めるたわみ位置x:(mm)

部材のヤング係数E:(N/mm2)

断面二次モーメントI:(mm4)

反力R:(N)

せん断力Q:(N)

曲げモーメントM:(N・mm)

たわみ角θ:()

たわみδ:(mm)


▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学を勉強する前に > 構造家の出身大学