1. HOME > 鋼構造の基礎 > 接合部とは?1分でわかる意味、建築物の接合部の種類、応力

接合部とは?1分でわかる意味、建築物の接合部の種類、応力

接合部は、部材同士を連結した部分です。接合部は、基となる部材(母材)よりも重要です。接合部が壊れると、建物の崩壊に繋がるからです。今回は接合部の意味、建築物における接合部の種類、作用する応力、接合部の設計法について説明します。※母材については下記の記事が参考になります。

母材とは?1分でわかる意味、材料、溶接、鉄骨との関係、対義語

接合部とは?

接合部とは、部材同士を連結(接合)した部分です。下図をみてください。赤部分が接合部です。

接合部

接合部は、母材以上に重要な部分です。例えば、鉄骨梁はスパンが長くなると「継手」がいくらか必要です。下図をみてください。赤印が継手部分です。もし継手部分が母材より弱いと、構造的に成立しません。


※母材については下記の記事が参考になります。

母材とは?1分でわかる意味、材料、溶接、鉄骨との関係、対義語


鉄骨造の接合部には、沢山の種類があります。種類の一覧を下記に示します。

接合方法の図

各接合の特徴は後述しました。※鉄筋コンクリート造の接合部については下記の記事が参考になります。

柱梁接合部とは?1分でわかる意味、せん断力、耐力、帯筋間隔、鉄骨造

どんな建物でも、接合部は必ずあります。


例えば鉄骨造は、各部材に(柱や梁、ブレースなど)決まった長さ(定尺)があります。工場で製作するので、製作可能な長さがあるのです。また、それらの部材を、工場から現場まで運搬するとき、トラックの荷台に載るような長さにします。


よって、各部材を現場で「接合」し、組み立てます。鉄筋コンクリート造でも、同様に接合部があります。

スポンサーリンク
 

接合部の種類

一般的に使う接合部の種類を下記に示します。

高力ボルト接合

高力ボルト接合は、機械接合の1つです。※機械接合の中には、リベット接合もありますが、現在では使われない方法のため説明を省略します。


高力ボルト接合は、接合面を摩擦処理し、高力ボルトで締め付けることで「摩擦抵抗力」を発生させます。この摩擦抵抗力で力を伝達する方法です。詳細は下記の記事が参考になります。

高力ボルトってなに?よくわかる高力ボルトの種類と規格、特徴

溶接

溶接は、母材同士を熱で溶かしながら溶着金属と一体化して接合する方法です。溶接の詳細は下記の記事が参考になります。

溶接の種類と、隅肉溶接、突き合わせ溶接の特徴


溶接は、プレートや高力ボルトがでてこないので軽快な構造とできます。

/h3>接合部に作用する応力 /p>接合部に作用する応力は下記です。


これは母材に作用する応力と変わりません。但し、接合の設計では「存在応力」に基づいた設計は行わず、母材の耐力以上とすることが普通です。

接合部の設計法

接合部は保有耐力接合を行うのが普通です。保有耐力接合とは、接合部を母材以上の耐力に設計することです。保有耐力接合については下記の記事が参考になります。

接合部の保有耐力接合と計算方法

まとめ

今回は接合部について説明しました。接合部の意味、種類など理解頂けたと思います。建築物の接合部には「何があるのか」概要を理解してください。高力ボルト接合や溶接など、主要な接合方法を勉強してくださいね。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 接合部とは?1分でわかる意味、建築物の接合部の種類、応力