1. HOME > 構造力学を勉強する前に > 構造デザイン賞の受賞適齢期

構造デザイン賞の受賞適齢期

※私が運営している別サイト「EA-DataBase」の管理人ブログを再編集した情報です。

今日、建設業界の情報サイト「ケンプラッツ」をみていたら面白い記事を発見しました。ケンプラッツ記事→「受賞適齢期は50代前半か、建築学会賞(作品)この20年」。 要するに、建築学会作品賞を受賞する方々の適齢期は何歳なんだろう?という疑問から、過去20年間の受賞者年齢を調べてある記事です。これによると、作品賞の適齢期は50代前半のようですね。


とりあえず計算してみよう。

さて、構造設計者が受ける賞の1つとして「構造デザイン賞」とその前身であった「松井源吾賞」は有名です。では、この賞を受賞する方々の年齢はいくつくらいなのでしょう?構造家の適齢期って何歳なのでしょうか??


建築家や構造家を検索できるサイトEA-DataBaseでは、「構造デザイン賞」と「松井源吾賞」の受賞者を既に「人物検索」をつかって検索できますので、そのデータを元に受賞者年齢を整理してみました。その結果が下の図です。


・縦軸:[年齢]

・横軸:[受賞年]

・○印:受賞者の年齢

・赤の曲線:各受賞年の受賞者年齢データを平均して線でつないだもの

・黒の一点鎖線:全データの平均年齢


全データを纏めてみると、ケンプラッツの記事と同様に、こちらの受賞年齢も50代前半となりましたね!もちろん、データのばらつきが多いので偶然でしょうが、50という年齢が構造家として認められる適齢期なんでしょうかねー。


ここ数年の受賞者年齢は平均値52.7歳付近をうろちょろしてるので、この傾向は続くのでしょうか。それとも2001年や2002年のように新人の方が受賞するのか、楽しみですね。


▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学を勉強する前に > 構造家の出身大学