1. HOME > 建築学生向け就職情報 > 新社会人の方へ

新社会人の方へ

月並みな意見ですが、仕事は急にふられます。特に!、設計事務所に就職された方だと、事務所内にきちっとした研修制度がないため、とりあえず仕事をいきなりふって、泳がせて見るということをされて新人は毎年苦しんでいます。


私も、そんな1人で、入社1ヶ月目に小さい建物ですが、構造設計を1人でやることになったときは、大変困りました。まず、何から始めればいいのかもわかりませんし、先輩に何をやれば良いのか聞いたとしても、次から次へと疑問が生じて、一向に手が進まないのです。


気が付いたら締め切り間近になっていて、計算書はまとまってない、図面はいいかげんで、積算の人(建物にいくらの値段がかかるか計算する人)、現場の人に怒られるわで散々でした。その時は、毎日が半泣き状態で、毎日怒られながらなんとか仕事を納める事ができました。


そんな時はまさに、藁をもつかみたい心境でインターネットや本を読みまくって、いろんな情報を探したものです。

このサイトがそんな新米実務者の手助けにもなればと思います。


さて、構造設計をいきなりふられたあなた!まずは、何から始めれば良いのでしょうか?建物によりますが、あなたが1年目であるということを考えると、そう難しい建物を設計させないはずです。


多分、100m2くらいの建築確認申請が必要あるかないか程度の建物で平屋。とすると、規模からおのずと鉄骨造であることが予測されます。適当な物置小屋みたいな建物です。

スポンサーリンク
 

さて、まずは構造計画から始めます。本来なら、ここに時間の相当を憂いやし、むしろ実施で行うようなことは一瞬で終わらせるべきなのですが、小さい建物ですし、経済設計に一番の重きを置くべきですから、簡単にやります。


そうすると実際の計算は以下のように

@屋根の葺いている方向(水の流れる方向)を意匠図から読み取ります。

A屋根の方向に対して、直角に小梁をかけます。これにより、屋根の荷重を小梁が受けることができます。

B主架構の位置を決めます。さっと決めたい場合は意匠図で描かれている柱位置はそのままに。

C最初に決めた小梁の計算を行います。(二次部材の設計)

D架構を設計します。(手計算なら固定報、D値法を用います。)

E柱脚の設計を行います。

F柱軸力から基礎の大きさを決めます。

G基礎の配筋を決めます。

H図面を描きます。


というような一定の流れがあります。他の構造でも概ね一定の流れがあり、すごく大まかに分けた構造設計の流れです。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学を勉強する前に > 構造家の出身大学