1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 帯筋比とは?1分でわかる意味と規準、計算、0.2、副帯筋との関係
スポンサーリンク

帯筋比とは?1分でわかる意味と規準、計算、0.2、副帯筋との関係

帯筋比(おびきんひ)とは、コンクリート柱断面に対する帯筋量の割合です。「柱にどのくらい帯筋が入っているか」示す値です。帯筋比が多いほど、柱に沢山の帯筋が入っています。今回は帯筋比の意味、規準、計算、0.2、副帯筋との関係について説明します。帯筋をせん断補強筋といいます。梁のせん断補強筋は、あばら筋といいます。詳細は、下記が参考になります。

帯筋とは?1分でわかる帯筋の意味、読み方、役割、間隔、帯筋比との関係

せん断補強筋とは?1分でわかる意味、役割、種類、フック形状、配置

あばら筋とは?1分でわかる役割、間隔、表記方法、あばら筋比の計算

帯筋比とは?

帯筋比(おびきんひ)とは、コンクリート柱断面に対する帯筋量の割合です。「柱にどのくらい帯筋が入っているか」示す値です。下図をみてください。これが帯筋です。帯筋の意味は、下記も参考になります。

帯筋とは?1分でわかる帯筋の意味、読み方、役割、間隔、帯筋比との関係

帯筋

帯筋比の値が大きいほど、帯筋が沢山入っています。帯筋比の値を左右する要素を下記に示します。


・帯筋の断面積

・帯筋の間隔(ピッチ)

・副帯筋の有無


帯筋比は、帯筋の断面積に左右されます。帯筋には、一般的にD10やD13を使います。帯筋にD10よりもD13を使う方が、帯筋比が大きくなります。


下図をみてください。帯筋の間隔を細かくした方が、沢山、帯筋が入っていますね。間隔を細かくした方が、帯筋比が大きいです。


また、帯筋比は副帯筋にも左右されます。副帯筋とは、下図に示す帯筋です。通常、帯筋は断面に対して2本分ありますが、下図の例では3本ありますね。

副帯筋

帯筋比の計算と0.2%

帯筋比の計算式を下記に示します。


p=2aw/(bx)


pは帯筋比、2は帯筋が2本分あるという意味(副帯筋は含みません)、awは、1本分の帯筋の断面積、bは柱幅、xは帯筋の間隔(ピッチ)です。


下図をみてください。柱にはX、Y方向に力が作用します。X方向に力が作用するとき、抵抗してくれる帯筋は、X方向と平行な部分です。帯筋を輪切りしてみると、2本分の鉄筋がみえますね。よって、「2aw」です。

帯筋比の計算と2の意味

帯筋比の規準

帯筋比に関する規定を下記に示します。


帯筋比は0.2%以上とする。


この規定は必ず守ります。詳細は、下記の書籍も参考になります。

鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説2018改定


なお帯筋の間隔は、一般的に100mmとします。せん断耐力が足りなければ、さらに細かくするか、副帯筋を必要とします。帯筋の意味は、下記も参考になります。

帯筋とは?1分でわかる帯筋の意味、読み方、役割、間隔、帯筋比との関係

帯筋比と副帯筋の関係

下図をみてください。これが副帯筋です。Y方向に力が作用するとき、副帯筋を含めた3本分の帯筋が抵抗します。前述した計算式の「2」の部分が「3」になるので、1.5倍も帯筋比が増えます。なお、X方向に力が作用するとき、Y方向に配置された副帯筋は効きませんね。副帯筋の意味は、下記も参考になります。

中子筋とは?1分でわかる意味、読み方、副帯筋との違い、柱、梁

副帯筋

まとめ

今回は帯筋比について説明しました。意味が理解頂けたと思います。帯筋比は、コンクリート柱断面に対する帯筋の割合です。帯筋比が大きいほど、沢山の帯筋が入っています。帯筋比の意味、計算方法、何の要素が帯筋比に影響するのか理解しましょう。下記も参考になります。

帯筋とは?1分でわかる帯筋の意味、読み方、役割、間隔、帯筋比との関係

中子筋とは?1分でわかる意味、読み方、副帯筋との違い、柱、梁


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 帯筋比とは?1分でわかる意味と規準、計算、0.2、副帯筋との関係