1. HOME > 二級建築士の問題 構造解説 > 二級建築士の構造の問題は?必要な公式、過去問の解説、暗記の必要性
スポンサーリンク

二級建築士の構造の問題は?必要な公式、過去問の解説、暗記の必要性

二級建築士の構造には、力学、構造計算、基礎、木、RC、鋼、耐震など、幅広い範囲から問題が出題されます。仕事や大学で構造が専門分野の方でも、試験勉強は必ず必要です。今回は二級建築士の構造の問題、必要な公式、過去問の解説、暗記の必要性について説明します。必要な公式など下記も参考になります。

二級建築士の構造力学は?問題の特徴、覚えるべき公式、独学で合格可能?

計算の流れ、解き方がわかる!2級建築士【構造】計算問題解説集

二級建築士の構造の問題は?

二級建築士の構造は、文章問題19問、計算問題6問の計25問構成です。1問1点で13点未満が足切りです。他科目と違い「計算問題」があります。力学が苦手な方は「捨てる」という方もいますが、けっしておすすめできません。理由は下記が参考になります。

二級建築士の構造力学は捨てて大丈夫?合格の可能性、構造の試験問題、力学が苦手な人の勉強法


二級建築士の構造の問題を、詳しく分析した結果を下記に示します。


・構造力学×6 ※計算問題

・構造計算×2

・地盤、基礎×1

・木造、木質×2

・木造の壁量計算問題×1

・壁式鉄筋コンクリート造×1(※文章題または壁量の計算問題)

・鉄筋コンクリート造×2

・鉄骨構造×2

・耐震設計×1

・既存建築物の耐震診断、耐震改修×1

・建築材料×1

・コンクリート材料×2

・鋼材×1

・建築材料×2


毎年、若干の変動はありますが、概ね上記の項目について出題されます。文章問題は、最低3周は過去問題を解きましょう(過去10〜20年分程度)。


計算問題も過去問中心ですが、パターン化した解き方の流れを覚えると楽です。詳細は下記が参考になります。

計算の流れ、解き方がわかる!2級建築士【構造】計算問題解説集

二級建築士【構造】で必要な公式

二級建築士の構造では、計算問題が出題されます。計算問題は、計算時間を短くするため必ず公式を暗記しましょう。計算問題に必要な公式は、下記が参考になります。

二級建築士の構造力学は?問題の特徴、覚えるべき公式、独学で合格可能?

二級建築士【構造】の過去問の解説

当サイトでは二級建築士【構造】の過去問を解説しています。詳細は下記が参考になります。

一級建築士、二級建築士の勉強

二級建築士【構造】の暗記の必要性

二級建築士の構造は、文章問題はもちろんですが計算問題でも暗記が必要です。下記を見てください。


文章問題 ⇒ 用語の暗記・理解

計算問題 ⇒ パターン化された解き方の流れの暗記・理解


上記のように、暗記する内容が若干違います。当サイトでは、建築の構造に関する用語集、二級建築士の計算問題の解説書を製作しています。下記も参考してください。

【知らないままで大丈夫?】収録用語800以上!詳細はコチラから

計算の流れ、解き方がわかる!2級建築士【構造】計算問題解説集

まとめ

今回は二級建築士の構造の問題について説明しました。問題の構成、内容などが理解頂けたと思います。二級建築士の構造は、他科目と同様に幅広い範囲から出題されます。よって過去問を中心に勉強しましょう。それに加えて、用語集や計算問題の解説書の活用もおすすめします。下記も参考にしてくださいね。

【知らないままで大丈夫?】収録用語800以上!詳細はコチラから

計算の流れ、解き方がわかる!2級建築士【構造】計算問題解説集

2級建築士計算問題解説集


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 二級建築士の問題 構造解説 > 二級建築士の構造の問題は?必要な公式、過去問の解説、暗記の必要性