1. HOME > 一級建築士の問題 構造解説 > コンクリートの圧縮強度と引張強度の関係は?1分でわかる意味、試験
スポンサーリンク

コンクリートの圧縮強度と引張強度の関係は?1分でわかる意味、試験

コンクリートの引張強度は、圧縮強度の1/10程度です。なお、鉄筋コンクリート造構造計算規準では、コンクリートの引張強度は定義されません。引張力は鉄筋で負担し、コンクリートは引張力を負担できない、と考えるからです。今回は、コンクリートの圧縮強度、引張強度の関係について説明します。


コンクリートの圧縮強度の意味は、下記が参考になります。

圧縮強度の基礎知識、コンクリートの圧縮強度とは?


引張、圧縮の関係は下記が参考になります。

引張、圧縮とは?1分でわかる意味、違い、符号、強度の関係

コンクリートの圧縮強度と引張強度の関係は?

コンクリートの引張強度は、圧縮強度の1/10の値です。建築士試験対策として覚えるべきポイントを下記に示します。

コンクリートの引張強度は、圧縮強度の1/10

鉄筋コンクリート造の構造計算では、コンクリートの引張強度は無視(ゼロと)する


コンクリートの許容引張応力度、材料強度(引張)は、建築基準法施行令91条、97条に規定されます。


一方、建築学会による鉄筋コンクリート構造計算規準では、許容引張応力度は定義されません。実質「ゼロ」として扱います。


整理すると、


建築基準法 ⇒ 材料強度、許容引張応力度が規定。圧縮強度の1/10の値

鉄筋コンクリート構造計算規準 ⇒ 引張強度に関する規定無し(実質ゼロとして扱う)


です。


よって、鉄筋コンクリート部材に引張力が作用するとき、「鉄筋のみで引張力を負担する」と考えます。コンクリートは圧縮力を負担します。コンクリートの圧縮強度は、設計基準強度などで表します。詳細は下記も参考になります。

設計基準強度と品質基準強度の違いと、5分で分かるそれぞれの意味

圧縮強度の基礎知識、コンクリートの圧縮強度とは?

一級建築士での問題傾向

コンクリートの引張強度と圧縮強度に関する、一級建築士の過去問題の傾向を読み解きます。下記に過去問を示します。

鉄筋コンクリート構造計算規準によると、コンクリートの引張強度は、圧縮強度の1/10程度であるが、曲げ材の引張側では引張強度は無視するため,許容引張応力度は規定されていない。


上記は、コンクリートに「許容引張応力度は規定されているか?」という問題です。構造計算の経験が無い方には中々理解しがたいかもしれませんが、答えは正です。


「鉄筋コンクリートの構造計算を行うとき、コンクリートは引張強度を有するが、実質ゼロとみなす」と覚えてくださいね。


下記の問題もあります。

コンクリートの引張強度は,圧縮強度が大きいほど大きい.


引張強度と圧縮強度の関係を思い出してください。引張強度Aは圧縮強度Bの1/10でしたね。


A=B/10


です。Bの数値を大きくするとAも大きくなりますね。よって、答えは「正」です。

コンクリートの圧縮強度、引張強度を調べる試験

コンクリートの圧縮強度、引張強度を調べる試験として、下記があります。


圧縮強度の試験 ⇒ 一軸圧縮試験

引張強度の試験 ⇒ 割裂引張強度試験


一軸圧縮試験は下記が参考になります。

一軸圧縮試験とは?1分でわかる意味、供試体の寸法、粘着力

まとめ

今回はコンクリートの引張強度と圧縮強度の関係について説明しました。一級建築士試験でよく問われます。引張強度は圧縮強度の1/10の値です。施行令でも定義されています。ただし、鉄筋コンクリート造の構造計算では、コンクリートの引張強度は無視することを覚えてくださいね。下記も勉強しましょう。

設計基準強度と品質基準強度の違いと、5分で分かるそれぞれの意味

圧縮強度の基礎知識、コンクリートの圧縮強度とは?



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 一級建築士の問題 構造解説 > コンクリートの圧縮強度と引張強度の関係は?1分でわかる意味、試験