1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 土間コンクリートの設計基準強度は?1分でわかる意味、厚さ、鉄筋のピッチ
スポンサーリンク

土間コンクリートの設計基準強度は?1分でわかる意味、厚さ、鉄筋のピッチ

土間コンクリートの設計基準強度は、Fc21が一般的です。土間コンクリートは、人や物を支える構造部材で無いからです。今回は土間コンクリートの設計基準強度、土間コンクリートの厚さ、鉄筋のピッチについて説明します。スラブと土間コンクリートの違いは、下記が参考になります。

耐圧版の基礎知識、土間コンクリートとの違い


設計基準強度、鉄筋のピッチの意味は、下記が参考になります。

設計基準強度と品質基準強度の違いと、5分で分かるそれぞれの意味

鉄筋のピッチってなに?ピッチの意味と、各部材の鉄筋ピッチ

土間コンクリートの設計基準強度は?

土間コンクリートの設計基準強度は、


Fc21


が一般的です。これは圧縮強度が21N/muを意味します。設計基準強度の意味は、下記が参考になります。

設計基準強度と品質基準強度の違いと、5分で分かるそれぞれの意味


鉄筋コンクリート部材(構造部材)の設計基準強度は、普通、Fc24とします。一方、土間コンクリート自身は、人や物の重さを支える構造部材でないため、より小さい設計基準強度とします。


土間コンクリートは、見た目は構造部材に似ていますが、変形や応力が生じることを考えていません。「特に構造計算しない(構造計算の必要がない)」部材です。


下図をみてください。左側が土間コンクリート、右側がスラブです。

土間コンクリートとスラブ

土間コンクリートは、沈下の恐れが無い地盤(良い地盤)で採用します。地盤の沈下が無ければ、土間コンクリートの上に人や物が載っても、土間コンクリート自体に影響無いです。土間コンクリート下の地盤が、人や物を支えるからです。そのため、土間コンクリートは構造部材と同等の耐力を必要としません。


一方、沈下しやすい地盤に土間コンクリートを置くと、実際に沈下した場合、土間コンクリートが浮いた状態になります。この上に人や物が載ると、「土間コンクリート自体の耐力」が無いと重さを支えられません。


ですから、沈下しやすい地盤は「スラブ」とします。スラブは、構造設計された鉄筋コンクリートの床です。人や物が載っても問題ないよう設計されます。スラブの意味は、下記が参考になります。

スラブとは?現役設計者が教える意味、特徴、役割、屋根スラブ、土間


上記の通り、土間コンクリートとスラブは意味合いが全く違います。構造図でも、土間コンクリートとスラブはハッキリ区別します。

土間コンクリートの厚さ

土間コンクリートの厚さは、


120mm程度


が一般的です。前述した通り、耐力を必要としないため、スラブに比べて厚さが薄いです。

土間コンクリートの鉄筋のピッチ

土間コンクリートの鉄筋のピッチは、


200mm


程度です。鉄筋径はD10、シングル配筋で、図面上はD10@200SCと書きます。シングル配筋の意味は、下記が参考になります。

シングル配筋とは?1分でわかる意味、壁厚、メリットとデメリット、配筋図

まとめ

今回は土間コンクリートの設計基準強度について説明しました。意味が理解頂けたと思います。土間コンクリートの設計基準強度は、Fc21が一般的です。まずは土間コンクリートとスラブの違いを理解しましょう。土間コンクリートの強度がなぜFc21で良いか分かります。下記の記事も併せて勉強しましょうね。

スラブとは?現役設計者が教える意味、特徴、役割、屋根スラブ、土間

シングル配筋とは?1分でわかる意味、壁厚、メリットとデメリット、配筋図


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 土間コンクリートの設計基準強度は?1分でわかる意味、厚さ、鉄筋のピッチ