1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 生コンの強度は?1分でわかる強度、表記、単位、日数、冬の強度

生コンの強度は?1分でわかる強度、表記、単位、日数、冬の強度

生コンの強度とは、コンクリートの圧縮強度を意味します。また、一般的に「設計基準強度」のことです。今回は生コンの強度、表記、単位、日数、冬の強度などについて説明します。生コンは、簡単にいうと、まだ固まっていないコンクリートのことです。下記の記事が参考になります。

フレッシュコンクリートとは?1分でわかる意味、性質、試験、スランプ


設計基準強度の意味は、下記の記事が参考になります。

設計基準強度と品質基準強度の違いと、5分で分かるそれぞれの意味

生コンの強度は?

生コンの強度は、コンクリートの圧縮強度のことです。圧縮強度とは、物体が圧縮力にどのくらい耐えられるか示す値です。※圧縮強度の意味は、下記の記事が参考になります。

圧縮強度の基礎知識、コンクリートの圧縮強度とは?


生コンの圧縮強度は、単に「強度」または「設計基準強度」といいます。設計基準強度の意味は、下記の記事が参考になります。

設計基準強度と品質基準強度の違いと、5分で分かるそれぞれの意味


なお、生コンの強度は、


Fc24

Fc21

Fc18


などが一般的です。設計基準強度は、上記のように「Fc」と「24」などの数値を付けます。Fcは設計基準強度、24は圧縮強度を意味します。※設計基準強度の意味は、下記の記事が参考になります。

設計基準強度と品質基準強度の違いと、5分で分かるそれぞれの意味


また、生コンは強度だけでなく、施工のしやすさも大事です。施工のしやすさなどを表す指標を「スランプ値」といいます。スランプ値の意味は、下記の記事が参考になります。

スランプ試験ってなに?スランプコーンとスランプ値、Fcとの関係

生コンの強度と表記方法

JIS規格(JISA5308)では、生コンの強度などを、下記のように表記します。


普通―21−8−20−N


順番に、生コンの種類、強度、スランプ、粗骨材の最大寸法、セメント種類を意味します。

生コンの強度の単位

生コンの強度の単位は、


N/mu


です。

生コンの強度と日数の関係

生コンは、固まるまでは液体と同じです。圧縮力に対する強度は全く無いです。時間が経過することで、固くなります。一般的に生コンの強度は、打設してから(コンクリートを型枠に流し込んでから)、28日後の値とします。


例えば、設計基準強度を24としたとき、生コンを打設して28日後にFc24以上でるよう配合を行います。

生コンの冬の強度

生コンは、硬化するため熱が必要です。冬は外気温が寒いので、生コンも固まりにくいです。寒い間に打設するコンクリートを、「寒中コンクリート」といいます。寒中コンクリートは、コンクリートが適切に効果するよう工夫します。


※寒中コンクリートの意味は、下記の記事が参考になります。

寒中コンクリートとは?1分でわかる意味、水セメント比、温度、養生方法

まとめ

今回は生コンの強度について説明しました。意味が理解頂けたと思います。生コンの強度は、コンクリートの圧縮強度のことです。設計基準強度ともいいます。強度の単位、設計基準強度の意味も、併せて勉強しましょう。下記の記事が参考になります。

設計基準強度と品質基準強度の違いと、5分で分かるそれぞれの意味

スランプ試験ってなに?スランプコーンとスランプ値、Fcとの関係

寒中コンクリートとは?1分でわかる意味、水セメント比、温度、養生方法


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > > 生コンの強度は?1分でわかる強度、表記、単位、日数、冬の強度