1. HOME > 二級建築士の問題 構造解説 > 構造計算の風圧力と設計用地震力の不適当な記述を選ぶ問題 H28

二級建築士H28 構造計算の風圧力と設計用地震力の不適当な記述を選ぶ問題

この問題も、最も不適当な記述を選ぶ問題です。風圧力と設計用地震力に関することを理解すれば解けます。


こういった問題に近道はありません。どれだけ正しく理解しているか?


それだけです。

まず1番の記述です。風圧力を計算するとき、屋根葺き材と屋根の構造体は異なる計算式を使います。ですから、1番は正しい記述です。


2番は、最後の30〜46という記述がポイントですが、これも正しい。


3番は、固有周期に関する問題です。建物の高さが高いほど固有周期は長くなります。しかし、建物の高さが同じだったとき、RCは木やSと比較してどうすか? という問題です。


イメージすれば簡単ですが、堅いRC造が揺れるよりも木造や鉄骨造の方が、ゆっくり揺れる気がしませんか?


一方、3番の記述は、木造や鉄骨造の方が、固有周期が短いと言っています。よって、これは不適当な記述です。


よって答えは3番です。



▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 一級建築士を取得するには?絶対取る!と決めた日から始めること3選。