1. HOME > 二級建築士の問題 構造解説 > 構造計算の風圧力と設計用地震力の不適当な記述を選ぶ問題 H28
スポンサーリンク

二級建築士H28 構造計算の風圧力と設計用地震力の不適当な記述を選ぶ問題

この問題も、最も不適当な記述を選ぶ問題です。風圧力と設計用地震力に関することを理解すれば解けます。


こういった問題に近道はありません。どれだけ正しく理解しているか?


それだけです。

まず1番の記述です。風圧力を計算するとき、屋根葺き材と屋根の構造体は異なる計算式を使います。ですから、1番は正しい記述です。


2番は、最後の30〜46という記述がポイントですが、これも正しい。


3番は、固有周期に関する問題です。建物の高さが高いほど固有周期は長くなります。しかし、建物の高さが同じだったとき、RCは木やSと比較してどうすか? という問題です。


イメージすれば簡単ですが、堅いRC造が揺れるよりも木造や鉄骨造の方が、ゆっくり揺れる気がしませんか?


一方、3番の記述は、木造や鉄骨造の方が、固有周期が短いと言っています。よって、これは不適当な記述です。


よって答えは3番です。


【無料メルマガ】あなたは1級建築士の構造が苦手ですか?⇒ 建築学生が学ぶ構造力学の限定メールマガジン



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

公式LINEで構造の悩み解説しませんか?

1級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を発信中。構造に関する質問回答もしています。

QRコードでLINEの友だちを追加↓↓

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

あなたがなぜ、1級建築士【構造】の計算問題が苦手か知っていますか?

1級建築士の構造
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 一級建築士を取得するには?絶対取る!と決めた日から始めること3選。
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事