1. HOME > 二級建築士の問題 構造解説 > 基礎構造と地盤の不適当な記述を選ぶ問題 H28

二級建築士H28 基礎構造と地盤の不適当な記述を選ぶ問題

・概要

基礎構造や地盤の内容は、中々覚えにくい項目です。構造設計に従事している人ならともかく、意匠設計者は関わる機会が明らかに少ないので。


この問題も、不適当な記述を選択します。

1番は地盤の長期許容応力度の大小に関する記述です。構造のことを知らなくても、岩盤の強度は高い、粘土質地盤は強度が低いことは知っているでしょう。砂質地盤は、そこそこ強度が高いですから、この記述は正しいと言えます。


2番は、フーチングに関する記述です。フーチングの種類には、独立、複合、連続の3つがあります。これは正しい記述です。


3番は、土圧に関する記述です。直接基礎に土圧が作用する場合、基礎の転倒や滑動(すべり)、沈下の検討を行います。ですから、この記述は正しいです。


4番は、N値と地盤強度の関係に関して。N値から地盤強度は計算しますが、砂質地盤と粘土質地盤で計算式が違います。よって同一の値とはなりませんから、不適当な記述です。


よって、4番が正解。



▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 一級建築士を取得するには?絶対取る!と決めた日から始めること3選。