1. HOME > 鋼構造の基礎 > 圧縮材の断面算定

圧縮材の断面算定

圧縮材の断面算定について勉強しましょう。以前、圧縮材の設計では座屈に注意する必要があることを説明しました。そして、座屈荷重とは部材の長さと断面形状によって決定されます。下式で表しましたね。


こちらは僕も1冊持っている鋼構造の本です。内容が分かりやすく、学生と実務初心者にもおすすめです。わかりやすい鉄骨の構造設計

Pcr=πEI/(L^2)


この式の変数に適当に数字与えてグラフを描いてみるとこんな図になります。X軸が座屈長さ(一般的には細長比で表現します。座屈長さだけだと断面形状の影響がわからないからです。今回は、模式的に見てもらいたいので無視します。部材形状は丸柱で100mmと考えます。)です。縦軸が座屈荷重となります。



このようにオイラー座屈荷重の理論式では、座屈長さが短いほど座屈荷重は大きくなるため、要するに座屈しにくくなることがわかります。一方、座屈長さが1000mmを超えたあたりから、急激に座屈荷重が低下し、それよりも長い部材だとほとんど座屈荷重がありません。





一方、当時の座屈研究ではオイラー座屈の理論式よりも実験式による座屈荷重は小さいということが分かっています。これには様々な要因が明らかになっていますが、例えば元たわみといって部材が元々歪んでいるために耐力が低かったこと、鋼材を作る工程で残留応力が残っていたことなどが挙げられます。


ですから、元たわみを考慮したオイラー座屈式も提案されており、その式だと、そこそこの精度で理論式とあってくるようです。但し、それでも実験の値が低くなる場合もあるため、そこに安全率1.5を見込んで設計式が考えられました。


圧縮材の設計では、この座屈荷重を上回らないように部材断面の決定する必要があります。以上のように、圧縮材の検討式は下式となります。



です。σcとは部材に作用する応力度です、圧縮材に作用する軸力をN、部材の面積Aで割ると求めることができます。さらに、圧縮材の検討で注意することは、fcの算定です。fcは単純にF/1.5=156で求めることができるわけではありません。告示式を用いるならば、細長比を算定しておいて求めなければなりません。実は、この告示式の説明をするとこの記事には納まりきらないので、また追々説明したいと思います。(限界細長比やら塑性域のややこしい問題を説明しないといけないので。)


ともかく、圧縮材の検討では許容圧縮応力度の算定が必要であること、それは単純にF/1.5では求めることはできず座屈を考慮した式により算定するということを覚えておいてください。



▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 座屈現象について