1. HOME > 鋼構造の基礎 > 引張材の断面算定

引張材の断面算定

日本で主に使用されている建築材料は、木、鋼、RCですが、その中でも鋼は引張力に非常に強いという特性を持っています。その特性を良く活かした引張材で一番ポピュラーな部材は「ブレース」です。良く見かける棒上のブレースは「ターンバックル付きブレース」と言い、あんなに小さな断面積しか持っていないにも関わらず、1本で車数台を吊るすことが出来る耐力を持っています。


こちらは僕も1冊持っている鋼構造の本です。内容が分かりやすく、学生と実務初心者にもおすすめです。わかりやすい鉄骨の構造設計




一方、これだけ細いブレースだと当然、圧縮力に対しては耐えることができません。ですから、タスキ掛けといって、棒上のブレースを×の形で取り付けるのが一般的です。(地震は一方向だけではなくて、左から右及び右から左へ作用するからです。)ただし、ブレースをアングル材やチャンネル材、H鋼等の圧縮力にも耐えることが出来る部材を使うのであれば、×型にする必要はないため、片側だけにブレースを取りつけます。


さて、では実際に構造設計で引張材はどんな設計をする必要があるでしょうか。考えてみましょう。また、接合部についての検討は、当サイトの「許容応力度に関する検討」、「保有耐力接合」等をご覧ください。ここでは、部材の検討について説明します。


許容応力度の設計方法は、皆さんご存じのように部材に作用する応力度が許容応力度以下であることを確認する必要があります。許容応力度とは、材料のF値(この場合引張耐力)を1.5で除した値ですから、一般的なSS400材であれば、F=235なので、許容応力度ft=156です。次に、断面算定の確認する式は、



です。σtとは部材に作用する応力度ですから、ブレースに作用する軸力Nをブレースの断面積Aで割ると求めることができます。ここで注意することが1点あります。それは、Aは単純な断面積ではないということです。Anは有効断面積と言って、棒状ブレースなら、単純な円の公式から算定される断面積に0.75倍した値を用います。


なぜかというと棒状ブレースの場合、ネジ部では呼び径(M16なら16mm)よりも切り欠いてあるからです。そのため、実際の断面積よりも実情は小さくなっています。よって、An=0.75Aの値を用います。また、棒状ではなくアングル材のブレースだとしても、アングル材はガセットプレートに止めるために、必ず高力ボルトで穴が開いていますから、その穴の欠損分断面積を低減して用いる必要があります。

このへんの話はまた追々したいと思います。


▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 引張材の断面算定