1. HOME > 構造計算の基礎 > 許容圧縮応力度とは?1分でわかる意味、求め方、鋼材の値、コンクリートの値

許容圧縮応力度とは?1分でわかる意味、求め方、鋼材の値、コンクリートの値

許容圧縮応力度とは、部材が許容できる圧縮応力度のことです。圧縮応力度とは、圧縮荷重が作用するときの、部材内部に生じる応力度です。許容圧縮応力度は、許容引張応力度と同等の値ですが、座屈による低減を考慮します。今回は、許容圧縮応力度の意味、求め方、鋼材の値、コンクリートの値について説明します。※応力度や座屈の意味は、下記の記事が参考になります。

応力度の基礎知識、応力度の種類と1分でわかる応力との違い

座屈とは?座屈荷重の基礎知識と、座屈の種類

許容圧縮応力度とは?

許容圧縮応力度は、部材が許容できる圧縮応力度のことです。圧縮応力度とは、部材に圧縮荷重を作用させるとき、部材内部には生じる応力度です。※応力度の意味は、下記の記事が参考になります。

応力度の基礎知識、応力度の種類と1分でわかる応力との違い


許容圧縮応力度は、「圧縮荷重にどれくらい耐えられるか」示す値と考えて良いです。ただし、許容引張応力度と比べて、「座屈の影響」があるので注意してください。


座屈とは、部材に圧縮荷重が作用するとき、材料の強度より早く壊れる現象です。詳しくは、下記の記事が参考になります。

座屈とは?座屈荷重の基礎知識と、座屈の種類


材料の許容圧縮応力度自体は、許容引張応力度と同等の値でも、座屈の影響で低減されます。


許容圧縮応力度は、下記の2つがあります。

許容圧縮応力度の求め方

許容圧縮応力度の求め方を、コンクリートと鋼材に分けて説明します。前述したように、鋼材は座屈の影響が大きいです。

コンクリート

コンクリートの許容圧縮応力度は、下式で計算します。


Fは、F値(えふち)のことですが、コンクリートのF値は、設計基準強度といいます。※詳細は、下記の記事が参考になります。

設計基準強度と品質基準強度の違いと、5分で分かるそれぞれの意味


例えば、設計基準強度を24N/muとするとき、許容圧縮応力度は下記です。

鋼材

鋼材の許容圧縮応力度は、座屈の影響が大きいです。鋼構造設計規準より、座屈による低減を考慮した許容圧縮応力度は下式です。


λ≦Λ

F={1―0.4(λ/Λ^2)}×F/ν


λ>Λ

F=0.277F/((λ/Λ)^2)


Fは許容圧縮応力度、λは細長比、Λは限界細長比、νは1.5+0.667×(λ/Λ)^2です。限界細長比Λは下式で計算します。


Λ=√{(π^2×E)/(0.6×F)}

(※√は{}内の値にかかっています)


複雑な式ですが、実務では、いちいち計算しません。上式は細長比が決まれば、値が決定します。部材の細長比を算定すれば、早見表で許容圧縮応力度を読むだけです。


許容圧縮応力度のポイントは、下記です。

まとめ

今回は許容圧縮応力度について説明しました。意味が理解頂けたと思います。許容圧縮応力度は、部材が許容できる圧縮応力度の値です。コンクリートと鋼材で求め方が違います。鋼材は座屈の影響で、低減する必要があります。細長比が大きいと、許容圧縮応力度が小さくなると覚えてくださいね。下記の記事も併せて参考にしてくださいね。

許容応力度計算が簡単にわかる、たった3つのポイント

許容引張応力度とは?1分でわかる意味、求め方、鉄筋の値、ss400の値

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 許容圧縮応力度とは?1分でわかる意味、求め方、鋼材の値、コンクリートの値