建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 曲げモーメントと曲率の関係,理論式の展開

曲げモーメントと曲率の関係,理論式の展開

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)


今回は、前回から引き続きたわみを求める式を誘導します。前回は梁が変形したときの、曲率を表す式を展開しました。下記が参考になります。


前回の記事で説明したように、たわみを求める微分方程式は曲率と曲げモーメントの関係からなるものです。前回は、曲率を表す式を求めたので、次は曲げモーメントと関連付けてたわみの式を導出します。

100円から読める!ネット不要!印刷しても読みやすいPDF記事はこちら⇒ いつでもどこでも読める!広告無し!建築学生が学ぶ構造力学のPDF版の学習記事

たわみを求める微分方程式の展開

純曲げを受けて変形した梁を考えてみましょう。少し図が複雑になってわかりにくいですが、まず梁に曲げモーメントが作用してたわみが生じた場合を考えます。このとき、下の図のように変形し、さらに元々の微小長さdxから、赤点線のように変形しΔdxの変位が生じます。模式的に示した図を次に示します。この模式図を見れば、いわゆるdx→Δdxから水平変位をおこしたように見えますね。

曲率と曲げモーメントの関係

純曲げを受けて変形した梁

以上の図から、水平方向の変位から歪を求めると

です。しかし、ちょっと見方を変えてみると曲率半径p、たわみyでも、同じように歪を求めることができるので、

ですね。

また、フックの法則から

となり、たわみが生じた点yにおいて以上のような応力が生じていることになります。


この応力は、作用させた曲げモーメントMと等しいと考えることができますので、


中立軸周りのモーメントのつり合いを考えると、

中立軸周りのモーメントのつり合い

中立軸周りのモーメントのつり合い2

です。

以上の関係式を曲率を表す式と関係づけると、

曲率を表す式との関係

ここで、


(dy/dx)2≒0


とすれば、

たわみを求める微分方程式

となり、この式がたわみを求める微分方程式です。

まとめ

今回は、梁のたわみの公式を算定する過程で、曲げモーメントと曲率を関係づけました。次回は、いよいよ梁のたわみの式を誘導します。次回が特に重要です。是非、下記の記事から進んでください。

【割引中】一級建築士対策も◎!大好評のお得な用語集はこちら⇒ 全92頁!収録用語1100以上!建築構造がわかる専門用語集(※既に297人がお申し込みしました!)



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

公式LINEで構造の悩み解説しませんか?

1級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を発信中。構造に関する質問回答もしています。

友だち追加

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

あなたがなぜ、1級建築士【構造】の計算問題が苦手か知っていますか?

1級建築士の構造
建築構造がわかる基礎図解集
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 曲げモーメントと曲率の関係,理論式の展開
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事