建築学生が学ぶ構造力学
  1. HOME > 構造力学の基礎 > 基本的な構造物の種類

基本的な構造物の種類

建築構造物を分類しようとしたとき、貴方はどのようにして分けますか? まずは用途によって分けることができますね。例えば学校、劇場、ドーム 、住宅等です。次に、建物の形状で分類することができますね。住宅であれば 平屋ですし、ビル等は高層建築物と呼ばれます。

また、皆さん専門の構造で分類することができます。構造で分類するときは、まず、構造 材料で分類することができます。鉄骨を使用している建物は「鉄骨構造」もしくは単に 「S造」です。 良く見かける鉄筋コンクリートを使用している場合は英語略で「RC造」と呼びます。 その他、それらを組み合わせた「SRC造」などもありますが、ここでは詳しい話は省きます。

また、構造形式による分類を行うことが出来ます。ここでは、構造力学を学ぶ第一歩として 建築物の種類を建物の構造形式で分類しようと思います。 また、それぞれの構造形式に関する特性を説明していきます。 まずは、どのような構造の種類があるか見てみましょう。

スポンサーリンク
 


・構造物の種類(構造材料による分類)

 
構造材料 
名称
種類 
木 
木構造・木質構造 
〃 
鉄 
鉄骨構造・鋼構造(S造)
鉄筋コンクリート 
鉄筋コンクリート構造(RC造) 


以上が基本的な構造材料による分類です。構造材料の特性についてはこちらをご覧ください。 次に構造形式で分類した表を見てみましょう。ここで紹介するものの他にも膜構造などの 構造形式がありますが、簡単のため省き、初歩的なものだけをとりあげます。
・構造物の種類(構造形式による分類)

構造形式
ラーメン構造
アーチ構造
トラス構造

さて、以上のような構造形式は基礎ですので、しっかり勉強しておきましょう。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 基本的な構造物の種類