1. HOME > 構造力学の基礎 > 静定構造物に関する基礎用語

静定構造物に関する基礎用語

力のつり合いを考えることで、支点反力を求めることができる構造物を静定構造物と言います。

・不静定構造物
力のつり合いだけでは、支点反力を求めることができないものを不静定構造物と言います。そこで、たわみの条件や反力を荷重と考えることで、方程式を解きます。

・不安定構造物
静定構造物、不静定構造物ともに安定した構造物です。しかし、構造物としてつり合い状態が成り立っていないものを不安定構造物と言います。よって、当然ですが全ての建物は安定構造物です。しかし、構造力学の問題では不安定構造物を取り扱う場合もあります。

・モーメント
ある点を中心に離れた荷重を作用させた場合、回転させるような働きを示します。このように、回転させるような力をモーメントと呼びます。

・片持ち梁
片方の支点が固定端になっているような梁を片持ち梁と呼びます。

・断面力
梁に荷重を作用させた場合、部材断面にも力が作用しています。このような力を断面力と呼びます。断面力には「曲げモーメント」、「せん断力」、「軸力」が発生しています。

・トラス構造物
部材を三角形となるように連結した構造物をトラスといいます。トラス構造物は非常に安定しているため、橋梁などでは長いスパンのものに良く適用されます。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 静定構造物に関する基礎用語