1. HOME > 構造力学の基礎 > 座屈-基礎用語-
スポンサーリンク

座屈-基礎用語-

・座屈
例えば、長い棒に圧縮力を加えたとします。すると、棒の圧縮強度よりも少ない力で、はらみ出し折れてしまう場合があります。このような現象を座屈といいます。このサイトで取り扱う座屈は「曲げ座屈」と呼ばれる物理現象で、最も基本的なものです。座屈現象は奥が深く、現在でも多くの研究者がこの問題に取り組んでいます。

・曲げ座屈
細長い棒に圧縮力を加えた場合に、力が作用していない方向へたわみ出す現象をいいます。このサイトでは、主にこの曲げ座屈を勉強します。また、教科書によってはオイラー座屈等と呼ばれる場合があります。

・座屈長さ
座屈荷重を求める過程で決定づけられる長さです。また、座屈長さは支点の条件によっても異なります。この値が大きければ大きいほど細長比が大きくなり、またその逆の効果を示します。

・細長比
座屈長さを求める式を導出する際に必要となる量です。細長比は、座屈長さと断面二次半径の比で表すことができます。細長比が大きいほど、座屈荷重は小さくなります。

・座屈荷重
座屈が発生するときの荷重を座屈荷重と言います。微分方程式を解く場合、この座屈荷重を求めることが目的となります。


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 座屈-基礎用語-