1. HOME > 構造力学の基礎 > ラーメン構造物とは

ラーメン構造物とは

ラーメン構造は、近代建築における最も一般的な構造形式です。構造材別に見ると、鉄骨造(S造)、鉄筋コンクリート造(RC造)、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の建築物の多く採用されています。接合部は剛接合によって、柱と梁をつなぎ合わせています。これにより地震荷重や風荷重などの水平荷重に耐えることができます。ラーメン構造物の特長は間仕切りなく、広い空間をとることができます。


荷重による部材の変形は、曲げモーメントによる変形が支配的です。図を描いて確かめればわかりますが、せん断力や軸力は曲げモーメントに比べれば、小さく変形としては ほとんど発生しません。


このラーメン構造は、有名な建築家のミ−ス・ファン・デル・ロ―エが多用していましたね。


ちなみに、この「ラーメン」はドイツ語のRahmenが語源で剛接合されたという意味です。


ちなみに、英語だと「フレーム」なので、フレーム構造とも呼ばれます。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > ラーメン構造物とは