1. HOME > 構造力学の基礎 > アーチの構造と仕組み

アーチの構造と仕組み

建物の構造形式の1つに「アーチ」があります。アーチ構造は、欧州で多く見られる構造形式です。では、アーチ構造とはなにか、その構造と仕組みについて説明します。


またその他の構造形式に関しては下記の記事が参考になります。


アーチ構造ってなに?

アーチとは建築、土木構造物に利用されている構造形式の一つです。 下図を見てください。スペインの円形アーチの橋です。このようにアーチは曲線を描く特徴的な形状をしています。この形状がアーチ構造で最も重要なポイントです。

(ローマ橋の半円アーチ(スペイン アルカンタラ),Wikipediaから引用)


この特徴的な形は、単に見た目の問題ではありません。この形状は水平の梁に比べて曲げモーメントが小さく、代わり圧縮力が作用します。圧縮力に対しては、石やレンガ、コンクリートなどの材料が適しています。 よって、アーチ構造は良い石が多く産出される欧州で多いのです。西洋の石積みで造られたアーチ橋が印象的ですよね。

スポンサーリンク

カテナリーとアーチの関係

皆さんは、カテナリ―という曲線を知っていますか?カテナリ―は懸垂曲線とも呼ばれ、文字通り鎖を垂らしたときに出来る形状です。このとき、鎖の両端を持つことで、鎖自体の自重が作用し曲線ができるわけですが、他に力を作用させていませんので、当然、この鎖には引張力しか働いていないことになります。

(Wikipediaから引用)


このカテナリ―をひっくり返してみるとどうなるでしょう?気づきましたか?アーチの形になりますよね。引張力しか作用しないカテナリ―を逆さにしているのだから、このときのアーチには圧縮力しか働いていないことになります。


また、アーチは支持点に大きなスラスト(水平力)と呼ばれる、広がろうとする力が発生します(プラスチックの定規とかをアーチの形に曲げようとすると、なかなか維持できませんよね)。アーチを上手く創るためには、このスラストをどうやって処理するのか?ということが最も重要な問題といえます。

(セントルイスのゲートウェイ・アーチ,Wikipediaから引用)

 

アーチと力の流れ

アーチ構造は、上からの荷重に対して矢印方向の力が作用します。これは部材を押す力、つまり圧縮力です。どんな材料でも、曲げモーメントやせん断力に比べて、引張力、圧縮力には比較的強い傾向があります (但し圧縮力は座屈に注意する)。よって、大きな曲げモーメントが作用する水平の梁より、長いスパンに耐えることができます。圧縮力が作用するので、部材は圧縮に強い部材を使います。

アーチ図面

まとめ

今回はアーチ構造について説明しました。アーチ構造の特徴、仕組みについて理解頂けたでしょうか。アーチは曲げモーメント減る分、圧縮力が作用しています。圧縮に強い材料を選定しましょう。 また、建築で用いられるその他の構造形式は、下記の記事が参考になります。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > アーチの構造と仕組み