1. HOME > 構造力学の基礎 > 片持ち柱の座屈荷重の計算式と導出方法
スポンサーリンク

片持ち柱の座屈荷重の計算式と導出方法

さて、次の図を見てください。この長柱に圧縮荷重を作用させた場合の状態です。この柱は座屈を起こし、yの変形をおこしているとします。この状態で弾性曲線式を解き、座屈荷重を求めましょう。また、この図では下方向を正のy、右方向を正のxとしています。


長柱に圧縮荷重を作用させた場合の状態


この場合、赤点での曲げモーメントは、


赤点での曲げモーメント


です。


弾性曲線式は以下のように示されます。


弾性曲線式


曲げモーメントは


曲げモーメント


です。よって、


赤点での曲げモーメント2


計算を行いやすくするために、


微分方程式(斉次方程式)


とします。このような微分方程式(斉次方程式)を解く場合、解のyを以下のように仮定して解きます。


既に、解き方は示しているのでここでは計算過程を省略しますね。一般解は、


微分方程式(斉次方程式)の一般解


さて、目的は座屈荷重を求めることです。まずは境界条件によって定数を求めましょう。


境界条件は


x=0,y1=0

x=0,dy2/ dx2=0


境界条件から求める


です。以上より、


境界条件から求める2


このままでは、y0が決定されません。しかし、x=l,y=y0なので、


境界条件から求める3


です。


よって、以上の式を満たすklは次のように


klは次のように求める


ですから、座屈荷重は


座屈荷重は


以上の式が、片持ち梁の座屈荷重です。基本的な計算過程は両端ピンの場合と同じですが、曲げモーメントや境界条件等が異なってきます。


また、kの求め方が少し違うので戸惑ってしまうかもしれませんね。今回は一般解の求め方は省略していますが、計算過程は同じなので、自分で解いてみてくださいね。


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

わかる2級建築士の計算問題解説書!

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 片持ち柱の座屈荷重の計算式と導出方法