1. HOME > 構造力学の基礎 > 第5世代の材料

第5世代の材料

当サイトの「時代と材料」というコンテンツで第1世代の材料から4世代までの材料について説明してきました。現在、建設業界で主流なのは第1、2、3世代の材料です。つまり、木や鋼、RCとなります。そこから、高分子材料が開発され、さらに繊維補強したFRPが生まれました。これが第4世代の材料に当たります。


次に、開発が進められている材料が第5世代の材料です。具体的に言うと、自己修復性(材料自体が勝手に傷を治す)や、外力や環境の適応等です。これは、私たち人間の皮膚や筋肉の働きに似ています。よって、第五世代の材料は「知的材料」であると言えます。また、外的な適応、自己修復性の機能を持ち合わせていることから、材料自体が構造体として最適化することから、「スマート材料」とも呼ばれています。





いずれにしろ、そんな材料ができたのなら、まさに夢の材料です。応力の作用に合わせて材料特性が変化し、最適化してくれるのです。そんな材料が開発されたなら、構造設計の仕事量も少なくなって大変ですね。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 第5世代の材料