1. HOME > 構造力学の基礎 > 坂茂さんと「紙の建築」

坂茂さんと「紙の建築」

(以下http://www.shigerubanarchitects.com/引用・再構成,追加)

「紙」を建築の構造体として用いることは、全く新しい試みだったと思います。紙と聞いて私たちが想像するのは、ノートやメモ帳に利用しているものですよね。当たり前ですが、水がかかれば、ふにゃふにゃになって物を支える能力は到底ありません。 しかし、ここでの紙は「紙管」と呼ばれる材料で、いわゆるトイレットペーパーの芯を想像してもらえれば、理解できると思います。あれならば、ある程度の重量を支えることができそうですよね。しかし、実際の建物となると、少し不安が残ります。


ただ、紙管を用いた紙の建築は、私たちの住まいとして想定されたものではありません。紙の建築は坂茂さんが、マイノリティ、弱者の住宅問題に鋭い関心を寄せ、ルワンダの難民キャンプのためのシェルターを国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)に提案し開発・試作したことが始まりです。また1995年の阪神大震災後の仮設住宅や教会の集会所を「紙(紙管)」で造られています。


画像元:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9D%82%E8%8C%82


以上のように、紙建築は災害が発生した際における非常用の仮設物として考えることもできるでしょう。しかし、いくら災害が発生した際の仮設物として建設する場合でも、何も考えず紙管で建てることは構造的に許されません。また、建築構造材としての紙管の使用は、建築基準法においてそれまで前例がありませんでした。このため、紙の家(1995年)の設計にあたり構造家の松井源吾・手塚升と共同で実験をすすめ、紙管構造(PTS)の建築基準法第38条の評定を取得されています。


実際に、現物を見たことが無いので、紙管の腐食具合等が気になるところですが、一次的な建築物と考えれば、そう問題は無いのかもしれません。 紙は軽く、現場施工・加工しやすい材料です。よって、災害が発生した際に、簡単に組み立てることのできる仮設物としては優秀なのかもしれませんね。


参考文献

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9D%82%E8%8C%82

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 坂茂さんと「紙の建築」