1. HOME > 構造力学の基礎 > 偏心荷重を受ける短柱について

偏心荷重を受ける短柱について

これまで、長い棒を対象として座屈等の不安定現象について勉強してきました。しかし、実際の建物には、断面に対して長さが短い部材で構成される場合も多々あります。では、このような部材(短柱)を考える場合、注意することは何でしょうか?


下図をみて下さい。短柱に外力Pが作用しています。しかし、外力Pは重心よりもe離れた位置に作用しています。この重心からのずれを『偏心』と呼び、偏心した位置に作用する荷重を『偏心荷重』と言います。では、この偏心荷重をどのように扱えばよいでしょう?


偏心している分だけ、外力としてモーメントが作用しているようにも見えるし、Pという鉛直力も作用しています。少し工夫して考えてみましょう。

以上のように、偏心荷重が作用している柱に対して、1対の外力が重心位置に作用させます。この1対の外力は同様の力で互いに打ち消し合っているので、元の状態と全く変わりません。ここで、外力の見方を変えてみます。偏心荷重と重心位置に上向きで作用している外力は偶力と考えることができ、つまり、重心位置にモーメントが作用していることを意味します。

スポンサーリンク
 

よって、偏心荷重が作用する短柱は、重心位置に荷重P及びモーメントが作用した場合について、それぞれ考え重ね合わせればよいということがわかりました。


次に、それぞれの応力状態を考えましょう。重心位置に外力Pが作用した場合の応力は、部材断面積をAとすると、

となります。引張の値をプラス、圧縮の値をマイナスとしています。次に、外力モーメントが作用したときの応力は、

ですね。モーメントとは、部材を曲げるような外力なので、中立軸を境に圧縮側と引張側の応力が現れるからです。よって、偏心荷重が作用した場合の短柱に作用する応力は、

となります。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 偏心荷重を受ける短柱について