建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 偏心荷重を受ける短柱について

偏心荷重を受ける短柱について

7/1最新版入荷!一級建築士対策も◎!290名以上の方に大好評の用語集はこちら⇒ 全92頁!収録用語1100以上!建築構造がわかる専門用語集


これまで、長い棒を対象として座屈等の不安定現象について勉強してきました。しかし、実際の建物には、断面に対して長さが短い部材で構成される場合も多々あります。では、このような部材(短柱)を考える場合、注意することは何でしょうか?


下図をみて下さい。短柱に外力Pが作用しています。しかし、外力Pは重心よりもe離れた位置に作用しています。この重心からのずれを『偏心』と呼び、偏心した位置に作用する荷重を『偏心荷重』と言います。では、この偏心荷重をどのように扱えばよいでしょう?


偏心している分だけ、外力としてモーメントが作用しているようにも見えるし、Pという鉛直力も作用しています。少し工夫して考えてみましょう。

以上のように、偏心荷重が作用している柱に対して、1対の外力が重心位置に作用させます。この1対の外力は同様の力で互いに打ち消し合っているので、元の状態と全く変わりません。ここで、外力の見方を変えてみます。偏心荷重と重心位置に上向きで作用している外力は偶力と考えることができ、つまり、重心位置にモーメントが作用していることを意味します。

スポンサーリンク
 

よって、偏心荷重が作用する短柱は、重心位置に荷重P及びモーメントが作用した場合について、それぞれ考え重ね合わせればよいということがわかりました。


次に、それぞれの応力状態を考えましょう。重心位置に外力Pが作用した場合の応力は、部材断面積をAとすると、

となります。引張の値をプラス、圧縮の値をマイナスとしています。次に、外力モーメントが作用したときの応力は、

ですね。モーメントとは、部材を曲げるような外力なので、中立軸を境に圧縮側と引張側の応力が現れるからです。よって、偏心荷重が作用した場合の短柱に作用する応力は、

となります。

【新発売】図解で効率的にお得に1級建築士対策しませんか?⇒ 全470語を図解で解説!建築構造がわかる基礎「図解集」



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

この用語、図でイメージできる?

建築構造がわかる基礎図解集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

公式LINEで構造の悩み解説しませんか?

1級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を発信中。構造に関する質問回答もしています。

友だち追加

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

あなたがなぜ、1級建築士【構造】の計算問題が苦手か知っていますか?

1級建築士の構造
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 偏心荷重を受ける短柱について
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事