1. HOME > 構造力学の基礎 > 梁の反力と、演習問題から学ぶ計算方法
スポンサーリンク

梁の反力と、演習問題から学ぶ計算方法

反力の求め方を、演習を通して学んでいきましょう。また、梁の種類も併せて説明します。※梁の種類、単純梁、反力については下記が参考になります。

梁の種類とは?1分でわかる種類と構造

単純梁と両端固定梁の違いは?1分でわかる違い、公式、曲げモーメント、たわみ

反力ってなに?反力の求め方と支点反力

梁の反力を求める演習問題

問題(1).次の単純梁の反力を求めなさい。

静定梁の演習1

ΣH=0より


ΣV=0より


ΣM=0より、A点に関するモーメントのつり合い


さらに、RAを求めます。

となります。

スポンサーリンク
  問題(2).次の単純梁の反力を求めなさい。

静定梁の演習2

ΣH=0より


ΣV=0より


ΣM=0より、A点に関するモーメントのつり合い


さらに、RAを求めます。

となります。


問題(3).次の単純梁の反力を求めなさい。

静定梁の演習3

ΣH=0より


ΣV=0より

等分布荷重をまず、集中荷重に変換します。※等分布荷重については、下記が参考になります。

等分布荷重とは?集中荷重との違いや使い方について


集中荷重に変換すると:w×L

つまり、w×Lの荷重が中央点(L/2)に作用することになります。


ΣM=0よりA点に関するモーメントのつり合いは


さらに、RAを求めます。

となります。

問題(4).次の単純梁の反力を求めなさい。

静定梁の演習4

ΣH=0より


ΣV=0より



ΣM=0よりA点に関するモーメントのつり合いは


さらに、RAを求めます。

となります。


問題(5).次の単純梁の反力を求めなさい。

静定梁の演習5

ΣH=0より


ΣV=0より


ΣM=0よりA点に関するモーメントのつり合いは


さらに、RAを求めます。

となります。


問題(6).次の単純梁の反力を求めなさい。

静定梁の演習6

ΣH=0より


ΣV=0より

等分布荷重をまず、集中荷重に変換します。

集中荷重に変換すると:w×b

つまり、w×bの荷重が中央点(b/2)に作用することになります。


ΣM=0よりA点に関するモーメントのつり合いは


さらに、RAを求めます。

となります。


問題(7).次の単純梁の反力を求めなさい。

静定梁の演習7

ΣH=0より


ΣV=0より

等分布荷重をまず、集中荷重に変換します。

集中荷重に変換すると:w×b

つまり、w×bの荷重が中央点(b/2)に作用することになります。



ΣM=0よりA点に関するモーメントのつり合いは


さらに、RAを求めます。

となります。

まとめ

今回は演習問題を通して、梁の反力を勉強しました。次は、断面力について勉強し、断面力図の描き方を学びましょう。下記が参考になります。

断面力とは?1分でわかる意味、種類、計算、応力との違い、例題

断面力図ってなに?断面力図の簡単な描き方と、意味

【無料メルマガ】あなたは1級建築士の構造が苦手ですか?⇒ 建築学生が学ぶ構造力学の限定メールマガジン


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

公式LINEで構造の悩み解説しませんか?

1級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を発信中。構造に関する質問回答もしています。

QRコードでLINEの友だちを追加↓↓

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

あなたがなぜ、1級建築士【構造】の計算問題が苦手か知っていますか?

1級建築士の構造
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 梁の反力と、演習問題から学ぶ計算方法
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事