建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 静定構造物と不静定構造物の違いと特徴

静定構造物と不静定構造物の違いと特徴

7/1最新版入荷!一級建築士対策も◎!290名以上の方に大好評の用語集はこちら⇒ 全92頁!収録用語1100以上!建築構造がわかる専門用語集


構造物の安定、不安定を表す言葉に「静定構造物、不静定構造物」があります。今回は両者の違いと、構造物としての特徴について説明します。似た用語に、安定構造物、不安定構造物があります。意味は、下記が参考になります。

不安定構造物とは?

安定構造物とは?1分でわかる意味、反力数、静定状態、確認方法

公式LINEで構造力学の悩み解説しませんか?⇒ 1級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を配信。構造に関する質問も受付中

静定構造物と不静定構造物ってなに?

私たちが目にする構造物は、もちろん全てが力学的に安定したものです。このような構造物を安定構造物と言います。逆に、力学的につり合いがとれていないような構造物を不安定構造物と言います。

さて、安定構造物は力学的な状態で分類すると、2つの種類に分けられます。それが、静定構造物と不静定構造物です。では、静定構造物と不静定構造物の違いと特徴は何でしょうか。


静定構造物と不静定構造物の違いと特徴

安定構造物の中で、つり合い条件式ΣH=0、ΣV=0、ΣM=0で解けるような構造物を「静定構造物」といいます(反力数が3以下)。一方、つり合い条件式だけでは解けない構造物を「不静定構造物」といいます。


上記の考え方を「梁」で考えると、「静定梁」「不静定梁」に分けられます。静定梁の計算方法は下記の記事を参考にしてください。


さて、下図は簡単な静定梁です。


静定構造物


また、下図は不静定梁です。

不静定構造物


上図に示す不静定梁は、つり合い条件式ΣH=0、ΣV=0、ΣM=0よりも未知数が多いので、方程式を解くことはできません。不静定梁の計算方法は、下記の記事が参考になります。


これから構造力学の勉強を進めるなら、まずは静定構造物から勉強します。不静定構造物は反力の数が多いため、簡単な四則演算では解くことができないからです。

以上のように、静定構造物と不静定構造物の違いと特徴を整理すると下記の通りです。


静定構造物と不静定構造物

当サイトの「構造力学の基礎」では、静定構造物の解法しか説明していません。よって、不静定の問題を解く方法は当サイトの「構造力学の応用」をご覧ください。下記のリンクから記事を読むことができます。

まとめ

今回は、静定構造物と不静定構造物の違いと、特徴について説明しました。今後、構造力学を勉強するなら、まずは静定構造物の計算方法から進めましょう。下記の記事が参考になります。

【新発売】図解で効率的にお得に1級建築士対策しませんか?⇒ 全470語を図解で解説!建築構造がわかる基礎「図解集」



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

この用語、図でイメージできる?

建築構造がわかる基礎図解集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

公式LINEで構造の悩み解説しませんか?

1級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を発信中。構造に関する質問回答もしています。

友だち追加

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

あなたがなぜ、1級建築士【構造】の計算問題が苦手か知っていますか?

1級建築士の構造
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 静定構造物と不静定構造物の違いと特徴
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事