1. HOME > 建築のおすすめ書籍紹介 > Casa BRUTUS瀬戸内シティガイドが面白い!建築好きが本書を読むべき理由
スポンサーリンク

Casa BRUTUS瀬戸内シティガイドが面白い!建築好きが本書を読むべき理由

建築雑誌のCasa BRUTUSをよく読んでいます。建築好きの一般の方でも読めるカジュアルな雑誌です。本書は、瀬戸内の町を紹介した旅行本ですが、有名建築家による建築物を巡礼するような感覚に陥ります。瀬戸内は直島、豊島、犬島をはじめ、アートな空気感があります。雑誌を通して、それを感じることができるし、実際に旅行に行きたくなる本です。

Casa BRUTUS(カーサ ブルータス) 2018年 8月号 [瀬戸内シティガイド] [雑誌]

Casa BRUTUS瀬戸内シティガイドが面白い!建築好きが本書を読むべき理由

本書は、瀬戸内にある建築物を巡りながら、アートやローカルフードを紹介する旅行本です。普通の旅行本に比べて「建築物」に主眼をおいています。建築好きの方、建築関係者の方にとっては、とても面白い本です。

Casa BRUTUS(カーサ ブルータス) 2018年 8月号 [瀬戸内シティガイド] [雑誌]


それでは建築好きが本書を読むべき理由を、下記に示します。


・瀬戸内(香川、岡山、愛媛、広島)の見るべき建築物が一覧できる

・瀬戸内の建築物を巡る旅行のモデルコースが書いてある


まず、本書を読めば、瀬戸内にある見るべき建築物が大体わかります。新建築を開いて、あれこれ探すより効率が良いです。


2つ目に、「モデルコース」が書いてあること。瀬戸内近辺は、けっして便利な所では無いです。移動を失敗して建築物を巡れないためにも、モデルコースが大変参考になります。


もちろん建築好き以外の方でも、旅行本として楽しめます。今後、瀬戸内を観光される方は、1冊持っておいて損は無いですね。

悪い点

・一般的な旅行本では無いので、ホテル、グルメの紹介は少ない


Casa BRUTUSは、あくまでも建築系の雑誌です。本書は「旅行本」に近いですが、建築物を巡る旅行と考えてください。建築物の紹介がメインで、その次にアート、最後がローカルフードの紹介という形。


とはいえ、一般的にも瀬戸内観光の目的は「アート・建築物巡り」なので、多少グルメ情報が少なくても問題ないと思います。瀬戸内観光される方は持っておいて損は無いです。

Casa BRUTUS(カーサ ブルータス) 2018年 8月号 [瀬戸内シティガイド] [雑誌]

本書の目次

本書の目次を、下記に示します。


・一筆書きの瀬戸内案内。

・直島・豊島・犬島、アートの旅。

・直島、豊島、犬島を2泊3日で攻略。

・モネの「睡蓮」を訪ねる。

・街に息づく巨匠たち。

・ちょっと遠いうどんが、一番おいしい。

・ぼくの瀬戸内案内。文・岡本 仁 写真・濱田英明

(香川編、岡山編、愛媛編、広島編)

・渋い建築ツアー。

・眼福と満腹の美術館めぐり。

・街に一軒、常連になりたい店。

・街を歩けば出会える、路上アート。

・しまなみ海道3DAYSホッピング。

・旅は腹が減るし喉も渇く。

・くるみの木・石村由起子が選ぶ瀬戸内みやげ。

・帰り道は、寝台列車で。


特に読んで頂きたいのが、直島、豊島、犬島、アートの旅。今後の旅行の参考になると思います。

まとめ

今回は、Casa BRUTUSの瀬戸内シティガイドについてご紹介しました。僕は仕事柄、建築雑誌のCasa BRUTUSをよく読みます。写真も綺麗だしカジュアルで、一般の方でも読みやすい建築雑誌です。本書は旅行本でもあるので、瀬戸内の観光を考えている方におすすめしたいですね。

Casa BRUTUS(カーサ ブルータス) 2018年 8月号 [瀬戸内シティガイド] [雑誌]


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

当HPの学習用テキスト

学校の授業で本当に理解できてる?

いつでも構造力学の問題が解ける!

構造力学WEB問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

わかる2級建築士の計算問題解説書!

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧
  1. HOME > 建築のおすすめ書籍紹介 > Casa BRUTUS瀬戸内シティガイドが面白い!建築好きが本書を読むべき理由