建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 建築のおすすめ書籍紹介 > 木造の構造計算でおすすめの書籍はこれ!1冊で木造住宅の計算をマスターしよう

木造の構造計算でおすすめの書籍はこれ!1冊で木造住宅の計算をマスターしよう

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)


木造住宅は構造計算の義務が無く、簡単な壁量計算を行い、構造的な検証が無いこともあります。木造住宅は構造設計者が関与する義務が不要です。よって意匠設計者または建築家が、住宅の安全性にも責任を持つべきです。


とはいえ、構造計算にはある程度の専門性が必要です。そこで今回は、木造の構造計算におすすめの書籍を紹介します。この本を1冊用意すれば、木造住宅の構造設計がマスターできますよ。

100円から読める!ネット不要!印刷しても読みやすいPDF記事はこちら⇒ いつでもどこでも読める!広告無し!建築学生が学ぶ構造力学のPDF版の学習記事

木造の構造計算の基礎をマスターしたい方におすすめ

私自身、実務で木造の構造計算はしたことがありません。そのため、木造の構造計算がずっと気になっていました。


一方、木造の構造計算で、初心者におすすめの本があることも知っていました。それが「ヤマベの木構造」です。


正直、安くはないです。3800円します。ただ、専門書では一般的な価格帯ですし、本書を開くと、「3800円でも安い、5000円くらいでも納得」という膨大な情報量です。


構成は、


入門編

基本編

実践編

資料編


に分かれており、順を追って勉強かつ住宅の構造計算が学べます。本の厚みは3cm程度で、400ページの意欲作です。


書籍を購入して読み終えると、後で売ってしまうことも多いですが、この本は本棚にしまっておきたいと思うほどです。資料編が付いている点もにくいです。自分で構造計算を行うとき役立ちます。

良い点

1冊で木造住宅の構造計算が学べる

情報量が多く、木造の構造設計に関する色々な知識が学べる

木構造に精通した専門家(山辺豊彦氏)による書籍

図解が多く、初心者向けで分かりやすい

悪い点

A4サイズの書籍なので、持ち運びには不便(リュックなら入る大きさ)

情報量が多いので少し重い

価格が一般の書籍に比べて高価(3800円)

まとめ

今回は木構造の勉強におすすめの書籍を紹介しました。私がおすすめする書籍は、「ヤマベの木構造」です。初心者向けの書籍として断然わかりやすいです。これから木構造を勉強したい構造設計者はもちろん、意匠設計者でも読み進めることが可能です。気になっている方は是非読んでみてくださいね。※他の口コミが知りたい方は下記のリンクからどうぞ

【3割引!】一級建築士対策も◎!大好評のお得な用語集はこちら⇒ 全92頁!収録用語1100以上!建築構造がわかる専門用語集(※既に297人がお申し込みしました!)



▼こちらも人気の記事です▼

建築構造がわかる基礎図解集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

【30%OFF】構造が苦手な方へ!大好評のお得な用語集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

プロフィール

おすすめ特集
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集
人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME >建築のおすすめ書籍紹介 > 木造の構造計算でおすすめの書籍はこれ!1冊で木造住宅の計算をマスターしよう
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事